« Mazowsze三昧 | トップページ | Themes from the Moldau »

2011年12月 4日 (日)

タトラ山地のフィドル音楽とクラコヴィアク

4本目のような険しい山が聳えるポーランド南部のタトラ地方の音楽では、マジャール的なフィドル・アンサンブルの演奏が強く印象に残っています。スロヴァキアとの国境に近い所ですが、更に南のハンガリーの音楽に似た印象です。イギリスのニンバスからTrebunia Family BandとWilczek's Bukovina BandのCDがありましたが、youtubeはTrebunia Family Bandのみのようでした。3本目はタトリとグループ名に入っていますが、クラコヴィアクを踊っているのでタトラのグループではないのかも知れませんが、近くであることは確かなので、ハンガリー風なフィドル音楽とクラコヴィアクが混在している地方なのでしょうか。

The Trebunia Family Band - Goralski Dance Sequence- Wierchowa, Drbny, 3 Krzesane, Zielona

Twinkle Brothers & The Trebunia Family Band - Don't Betray Me



何とレゲエとの共演。チェロは例の(ワルシャワ・ヴィレッジ・バンドと同じ)持ち方をしています。

Tatry Polish Folk Ensemble: Krakowiak

High Tatras- Poland-Swinica 2011

|

« Mazowsze三昧 | トップページ | Themes from the Moldau »

西スラヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タトラ山地のフィドル音楽とクラコヴィアク:

« Mazowsze三昧 | トップページ | Themes from the Moldau »