« フォーレのピアノ四重奏 | トップページ | フォーレのピアノ五重奏 »

2012年1月 9日 (月)

フォーレのピアノ四重奏第1番

今日は第1番の方です。フォーレと言えば、最も有名なのは、レクイエムや歌曲「夢の後で」、先日のシシリエンヌなどだと思いますが、ポピュラリティーではそれ程でなくても、室内楽曲はフォーレらしさのよく表れたジャンルとされています。第1番と昨日の第2番を比較していかがでしょうか。どちらもフランス近代の洗練美の極みのような作品ですが、好みは結構分かれるかも知れません。プルーストは1番のどんな所が気に入ったのか、想像しながら聞くのも一興です。
そう言えば、数年前にフォーレのエレジーをアップしましたが、演奏していたピアティゴルスキーはローゼン先生の師匠でした。

Faure Piano Quartet No. 1 in C minor, Op. 15 Part 1

Faure Piano Quartet No. 1 in C minor, Op. 15 Part 2

Faure Piano Quartet No. 1 in C minor, Op. 15 Part 3

Faure Piano Quartet No. 1 in C minor, Op. 15 Part 4

Fauré Piano Quartet No.1 in C minor (mvt. 1)

|

« フォーレのピアノ四重奏 | トップページ | フォーレのピアノ五重奏 »

フランス」カテゴリの記事

室内楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーレのピアノ四重奏第1番:

« フォーレのピアノ四重奏 | トップページ | フォーレのピアノ五重奏 »