« マラムレシュ | トップページ | Maramures Jewish Tunes »

2012年1月27日 (金)

マラマロシュの楽士達

前にマラムレシュを取り上げたのは、確かムジカーシュのマラマロシュについて書いた時でした。「トランシルヴァニアの失われたユダヤ音楽」と言う副題を持ったこのハンニバルからの名盤は、数あるクレズマー・アルバムの中で一際光る一枚でした。
マラマロシュとは、マラムレシュのハンガリー語での呼称。そのアルバム副題通り、ホロコーストでユダヤ人楽士はいなくなってしまった訳ですが、一緒に活動していたロマの楽士がユダヤ人たちのレパートリーを覚えていて、ムジカーシュとマルタ・セバスチャンによって復活蘇演されたのでした。彼の地に魅せられ頻繁に足を運ばれている、みやこうせいさんの「森のかなたのミューズたち」によると、今でもロマの楽士達はマラムレシュの村々にいるそうです。
今日の一本目のyoutubeは、その「マラマロシュ」に入っていた曲とかなり似た調子の曲です。ロマの楽士ではないと思いますが。(この地方の盃を逆さにしたような男性の帽子が独特です)この映像は前にもアップしていたかも知れません。ギターの弾き方が独特ですが、ロシアの方でも寝かせて弾いていたのを見たことがあります。

INSTRUMENTALA, INVARTITA DE MARAMURES - FLORENTINA SI PETRE GIURGI

Cornelia si Lupu Rednic - Care frunza pica jos

|

« マラムレシュ | トップページ | Maramures Jewish Tunes »

ルーマニア」カテゴリの記事

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラマロシュの楽士達:

« マラムレシュ | トップページ | Maramures Jewish Tunes »