« Chasid lakodalmi tancok | トップページ | Jod - Ieud »

2012年2月 2日 (木)

Greco-Catholic church

今日はしかし大変な寒さでした。雪こそ降りませんが最高気温は3度か4度。夜9時くらいからずっと零下1度で止まっていますが、早朝は一体何度まで下がるのでしょうか。
今日もマラムレシュ関係ですが、先日目に留まった宗教歌の映像です。女性の独唱で、ルーマニア正教会ではなくカトリック系の歌のようです。解説にあるGreco-Catholic church(ギリシア・カトリック教会)は東方典礼カトリック教会系列に入りますが、日本ではほとんど知られていないように思います。Marie Keyrouzの歌っているマロン派も、カトリック系に入るようです。「東方」と聞くと正教会をすぐに連想し勝ちですが、カトリック系もあることを忘れてはいけないですね。

Religious folk song from Ieud



Nitsa Dancus sings a religious folk song from Ieud, Maramures, Romania. Nitsa is a treasure chest of folklore from the arch conservative village of Ieud and a strong supporter of old Greco-Catholic church traditions. This particlular religious song has a strong resemblence to many older Yiddish ballad folk song traditins, a legacy of cross cultural shared musical tradition in the Carpathian Basin.

|

« Chasid lakodalmi tancok | トップページ | Jod - Ieud »

ルーマニア」カテゴリの記事

東方教会」カテゴリの記事

キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Greco-Catholic church:

« Chasid lakodalmi tancok | トップページ | Jod - Ieud »