« ネアクシュの弾き語り | トップページ | コスティカの歌声 »

2012年2月15日 (水)

タラフ名演集

タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのシリーズ、結構好評のようですので、もう少し名演集ということで上げておきましょう。今日のも全てそうですが、このモノクロ映像のシリーズは初来日前後のものと思われますが、この頃のアンサンブルの凄みは只事ではないです。オールド世代もまだ元気でした。
ジプシー・フィドリングの特徴は沢山見出せますが、いつも思うのは、上げ弓で始まることも多い、楽器をトランペットのように高く上げる、等でしょうか。西洋クラシックではアウフタクトとか拍の裏から始まる時以外は、圧倒的に下げ弓で始めることが多いので、かなり目立ちます。

Taraf De Haidouks - Rustem si suite



Rustemはタラフの代表曲と言えるでしょう。ライヴでも圧倒されました。

Taraf De Haidouks - Turceasca



5分40秒辺りのカリウのトレモロ入りの超絶プレイは、しばしば引用される箇所です。Turceascaは、トルコ風のような意味では。

Taraf De Haidouks - Doina, hora si briu



数日前にも取り上げたドイナと、ルーマニアの代表的舞曲ホラが続けて演奏されています。ファルカルのフルートとコスティカのヴァイオリンは、ベスト・マッチ。トレモロの多いカリウの超絶技巧よりコスティカのプレイの方が、このドイナには合うでしょう。

Taraful din Clejani - Cintec de dragoste



ネアクシュ、カクリカ亡き後、ほとんど一人だけ、オールド世代では元気でダンディなPaul Guiclea叔父さん。大きな腹をゆすって歌って踊ってヴァイオリン弾いて(笑)。コスティカの歌心溢れるフィドリングは、カリウより正統派かも。ここでは彼の歌も聞けます。

TARAFUL DIN CLEJANI-PE DEASUPRA CASEI MELE



ネアクシュやカクリカ(歌、ツァンバル)など、仏Ocoraの「ワラキアのジプシー音楽」に入っていた頃からのメンバー中心の味わい深い演奏。爺ちゃんたちの味のある演奏、最高です。

|

« ネアクシュの弾き語り | トップページ | コスティカの歌声 »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タラフ名演集:

« ネアクシュの弾き語り | トップページ | コスティカの歌声 »