« アゼルバイジャン女性歌手のモルゲ・サハル | トップページ | モルタザー・マハジュビー »

2012年4月13日 (金)

ガマル・アルマルーク・ヴァズィーリーのモルゲ・サハル

モルタザーと言えば、ピアニストのマハジュビーも思い出しますが、また数日後にします。今日は伝説の女性歌手ガマル・アルマルーク・ヴァズィーリー(1905-58)の歌うモルゲ・サハル関連の映像を上げておきます。
20世紀イラン最初の女性歌手と言われるこの人の録音は、いずれもSP時代のもので、90年代にC&Gからカセットが出ていました。その同内容でしょうか、最近CDが出たようです。C&Gからはレザー・ゴリ・ミルザザリも同時に出てまして、最近のCDリリースも同じ二人でしたから、同音源の可能性は高いかなと思っています。
しかし、こういう歌唱を聞くと、昔の歌手は凄いなぁ、敵わないなぁと思います。大らかで華麗なタハリール入りの歌は本当に素晴らしいです。彼女の歌うアーヴァーズやタスニーフの多くは、タールの名手モルタザー・ネイダーヴードの伴奏でレコード化され、モルゲ・サハルはその内の一枚ということになります。

マハジュビーもガマルも、柘植先生のチャシュム誌の関連記事がありまして、上記では参考にさせて頂きました。マハジュビーについても、また後日参考にしながら書いてみたいと思います。

Best of Ghamar



これがモルゲ・サハルですが、残念ながらガマルの歌ではないようで。なかなか良い歌唱ですが。


قمرالملوک وزیری - نرگس مست



短調に転調した部分に少し感じが似ていますが、別な曲。


قمر الملوك وزيري --- اي که گفتي هيچ مشکل

|

« アゼルバイジャン女性歌手のモルゲ・サハル | トップページ | モルタザー・マハジュビー »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガマル・アルマルーク・ヴァズィーリーのモルゲ・サハル:

« アゼルバイジャン女性歌手のモルゲ・サハル | トップページ | モルタザー・マハジュビー »