« バナーンとマハジュビー | トップページ | バナーンの古典歌唱 パイヴァールのサントゥール »

2012年4月20日 (金)

黒メガネのバナーン

昨日のタイロン・パワーのような美男の写真ではぴんと来ない方が多いかも知れませんが、今日の黒メガネのジャケットなら見覚えのある方が多いはず(笑) カルテックス等で90年代頃盛んに出ていた名歌手バナーンの写真です。こちらは黒澤明に似ているかも。
しかし、あれだけ見事なタハリール唱法を聞かせる人なのに、軽古典の録音が多いのが不思議に思っていましたが、思えば50~60年代頃はそういう方向性の全盛期だったのでしょうか。女性ならデルキャシュやマルズィエ、男性はバナーンが軽古典を沢山入れていたようですが、ゴルハーの音源には、アブドルワハブ・シャヒーディーやファーテメ・パリサーのような、完全に古典を歌う歌手の録音も結構ありました。古典寄りが多かったのは、CALTEXよりもTaranehだったと思います。他にマームーディ・ハンサリやナデル・ゴルチンもありました。

Bia a Saghi (Ostad Banan)

Raze Negah (Ostad Banan)


استاد بنان - آمدی جانم به قربانت ولی حالا چرا؟

Banan - Elahe Naaz

|

« バナーンとマハジュビー | トップページ | バナーンの古典歌唱 パイヴァールのサントゥール »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒メガネのバナーン:

« バナーンとマハジュビー | トップページ | バナーンの古典歌唱 パイヴァールのサントゥール »