« セタールのリーズ | トップページ | 第1500話 Morghe Sahar »

2012年4月 6日 (金)

ダルヴィーシュ・ハーンのチャハールメズラーブ

一昨日の3本目で見たダルヴィーシュ・ハーンのチャハールメズラーブの他の演奏をちょっと見てみたいと思います。「もえいづる春」を実感するような名調子だと思いますが、いかがでしょうか。
チャハールメズラーブとは、その名の通りで「四つの撥」とか「4つのビート」と訳せると思いますが、4拍子のようで大体一拍が3連譜になっているので、実質8分の12拍子では?と思えることがほとんどです。非常に速いテンポで演奏され、器楽奏者の腕の見せ所です。
一本目のSahba Motallebiのタールによる演奏では、華麗なメズラブ(撥)さばきに魅了されます。Mahoor Institutの「タールの若き名手たち Presentation of the Young Artists  (Tar navazi)」に彼女の演奏が収録されていましたが、この盤のリリースより先にyoutubeで話題になっていて、何年か前に当ブログでも取り上げました。

Sahba Motallebi - Chahar Mezrab



Chahar Mezrab - Darvish Khan


Sahba Motallei was born in 1978 in Tehran, Iran, and started playing traditional Persian music very early on. she is a graduate of Tehran Conservatory where she mastered playing Tar and Setar (traditional Persian instruments) under the instructions of master Fariborz Azizi.

She further enhanced her performance of the renowned capabilities by enjoying the direct guidance of the renowned master of traditional Persian music, Hossein alizadeh, and the respected music theoretician, Dr Mehran Rouhani. She continued her formal music studies in composition at St Petersburgh Conservatory, Russia. Sahba has recorded several CDs and composed numerous theatrical peaces.

Setar Chahar Mezrab by Ostad Ahmad Rahmanipour



往年のアフマド・エバーディーやアボルハサン・サバー、ジャリール・シャフナーズに教わったと言うアフマド・ラフマニプールによる独奏。この演奏はダルヴィーシュ・ハーンの原曲を元に、後のアボルハサン・サバーが編曲?したヴァージョンで弾かれているようです。確かにエバーディーに似ています。音色や構え方はもちろん、ご本人の雰囲気もどことなく。


Setar Char Mezrab by Ostad Ahmad Rahmanipour



A student of Ebadi, Saba and Shahnazi, he preserves the old Persian musical traditions.



This tasnif's original melody was originated by Darvish Khan; however, the arrangement that Mr. Rahmanipour is playing was constructed by Abdolhassan Saba.



He currently resides in Los Angeles.



Darvish Khan Mahour

|

« セタールのリーズ | トップページ | 第1500話 Morghe Sahar »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルヴィーシュ・ハーンのチャハールメズラーブ:

« セタールのリーズ | トップページ | 第1500話 Morghe Sahar »