« 千五百一夜にシェヘラザード全曲 | トップページ | Shahla Sarshar ペルシャン・ポップス »

2012年4月10日 (火)

ネイダーヴードの実演

一昨日の話題に戻します。例の名歌モルゲ・サハルを作曲したモルテザー・ネイダーヴード(1900-90)の晩年のものと思われる映像がいつくかありましたので、今日は何本か上げておきます。タールを手に、女性歌手Shahla Sasharの伴奏もしていますが、90前後とは思えない矍鑠とした演奏です。Mahoor Institutの2枚にもあるように、この人はタール専門だったようです。
Shahla Sasharは、クルド系の歌手との書き込みが見えますが、どちらかと言えばペルシア古典よりは、軽古典~ポップスの歌手のようです。しかし、一本目の通りタハリールの技は素晴らしいです。ハイェーデのように、どちらもいける歌手のようです。

Shahla Sashar & Ostad Nay Davood - Bayate Turk

Ostad Morteza Neydavood & Ostad Mahmoud Zoufonoun Part 5

Ostad Morteza Neydavood & Ostad Mahmoud Zoufonoun Part 6


|

« 千五百一夜にシェヘラザード全曲 | トップページ | Shahla Sarshar ペルシャン・ポップス »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネイダーヴードの実演:

« 千五百一夜にシェヘラザード全曲 | トップページ | Shahla Sarshar ペルシャン・ポップス »