« サーカシアンのトルコ歌手 Gulcan Altan  | トップページ | アディゲのイスラメイ 舞踊と合唱 »

2012年6月27日 (水)

ギュルジャン・アルタン

サーカシアンのギュルジャン・アルタンという女性歌手について少し調べてみましたが、日本語のページは見当たらずでした。細川直子さんの「トルコ 旅と暮らしと音楽と」を見てみても名前は出てこず、まぁこの本の出た96年当時は余り知られてなかった歌手なのかも知れません。今日は色々と他の映像を上げておきますが、1,2本目などは歌だけでなく衣装からしてサーカシア(チェルケス)そのもの。「サーカシアンの魂」とまで名づけられたアルバムの3曲目を、トルコ人の一般リスナーがどういう風に聞いているのか、気になるところです。
同じように考えると、南カフカスの名歌「Sari Gelin」を歌っていたギュライは、もしかしたらアルメニア系かアゼルバイジャン系なのでしょうか?

Defne Her Şey Bambaşka - Çerkez Şarkıcı Gülcan Altan - 12.05.2010

Gülcan ALTAN-SALAMANA XATSA.mpg

この曲もカフカス調

Gülcan Altan-Adiyuf

Gülcan Altan-Benim Adım Kırmızı

冒頭はトルコのサナート的な、精妙な節の旨みを聞かせる歌唱。

Gülcan Altan - Li Beyrut

何とレバノンのファイルーズが歌っていた「愛しきベイルート」(アランフェス協奏曲の編曲)もありました。

|

« サーカシアンのトルコ歌手 Gulcan Altan  | トップページ | アディゲのイスラメイ 舞踊と合唱 »

トルコ音楽」カテゴリの記事

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/45939832

この記事へのトラックバック一覧です: ギュルジャン・アルタン:

« サーカシアンのトルコ歌手 Gulcan Altan  | トップページ | アディゲのイスラメイ 舞踊と合唱 »