« サーカシア | トップページ | アブハズの追悼歌 »

2012年6月15日 (金)

アディゲの合唱とポップス

今日はアディゲの歌ものです。グルジアの多声合唱とも酷似した幽玄な味わいの男声合唱と、アディゲのポップスですが、どちらもこれまでにはほとんどアップしてないと思います。特にポップスを聞くのは今回初めてのような気がします。チェチェンのマッカ・サガイーポヴァの音楽にも、やっぱり似ています。ドリなどのカフカス・ドラムの浮き立つようなリズムは、とにかくそっくり。あまり上手くはないけれども、若いアディゲ美人の歌唱を堪能できる一本ということで(^-^)。サーカシア(アディゲ)の結婚式に歌われる歌のようです。Фатима Дзыбоваは、そのままならファティマ・ジボーヴァとでも読めそうですが、Dzybe Fatimaというローマ字表記が付いています。

adige xabze

Фатима Дзыбова (Dzybe Fatima) -Адыгэ джэгу (Circassian wedding)

Альбина Токова - Хапар

こちらはタグにカラチャイが見えますので、もしかしたらテュルク系のカラチャイのレズギンカかも。メロディは少しそんな感じに聞こえます。カラチャイ・チェルケスとカバルダ・バルカルはそれぞれ一つの国ですが、大分前にも書いたと思いますが、異民族(コーカサス系とテュルク系)を一緒にして一種の緊張状態に置くことで、ソ連自体への不満をそらせる意図があったようです。

|

« サーカシア | トップページ | アブハズの追悼歌 »

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/45670962

この記事へのトラックバック一覧です: アディゲの合唱とポップス:

« サーカシア | トップページ | アブハズの追悼歌 »