« Zamba del Che | トップページ | 南米歌曲のサンバ »

2012年7月 5日 (木)

アルフォンシーナと海

昨日の「チェのサンバ」は、チェ・ゲバラがアルゼンチン出身であることから、チリの歌手ビクトル・ハラがZambaの形式を着想したのかも知れません。他のサンバ(Zamba)はどんなのがあったか、色々心当たりを探してみました。グアスタビーノにも確かにありましたが、それは明日にしまして、今日は飛び切りの名曲を。

時々Ottavaを流していて惹き付けられるギター曲がありまして、曲名を調べたらアリエル・ラミレス作曲の「アルフォンシーナと海」という曲とのこと。そして、何とこの曲もアルゼンチンのサンバ(Zamba)でした。ゆったりとした8分の6拍子の曲調は、哀愁に富んで実に美しいです。ラミレスと言えば、80年代の末頃にミサ・クリオージャがクラシックでかなり話題になりました。

「アルフォンシーナと海」の創唱者はアルゼンチンのメルセデス・ソーサだそうです。彼女の往年の素晴らしい歌声と、ギター・ソロの方は現地の演奏家の映像が色々ありますが、日本語解説があるので、今日の一本目にしました。

アルフォンシーナと海(Alfonsina y el mar)



アルゼンチンの作曲家、アリエル・ラミレスによる名曲のギター・ソロ編曲版です。

編曲者はホルヘ・カルドーソ。

入水自殺した女流詩人アルフォンシーナ・ストルニへ捧げられたアルゼンチン・サンバの傑作です。

Mercedes Sosa-Alfonsina y el mar

|

« Zamba del Che | トップページ | 南米歌曲のサンバ »

中南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルフォンシーナと海:

« Zamba del Che | トップページ | 南米歌曲のサンバ »