« Yma Sumac Vocal Range | トップページ | クンビア »

2012年10月24日 (水)

ママクーナ(太陽の乙女)

江波戸先生の著書「民族音楽 200CD」を読み返していて、ペルーの音楽についての大事な記述がありましたので、以下に引用しておきます。
「音楽的にみて、重要な事象に、ママクーナの存在がある。“太陽の乙女”である。皇帝に選ばれた美しく健康な少女達は宮殿や尼僧院ですべての芸をみっちりとしこまれた後、後宮あるいは神殿に使える身となるのだったが、その芸のひとつが“インカ発声”の歌唱だった。山から谷へ、響き渡った5オクターブものその声を出せる女性は、もうほとんどいない。」
ディスコブラフィではイマ・スマックもリストに上がっていましたので、正にそのママクーナの数少ない末裔の一人と言えるのでは、と思いました。2度ほどアップしましたViRGENES DEL SOL(太陽の乙女)も、正にママクーナのことでした。ガッテンを3回出したいような気分です(笑)
今日は更にイマ・スマックの歌声と、ペルーの伝統舞踊の中から、女性の踊りを上げておきます。ViRGENES DEL SOLは2度目の登場。美しいスクリーンでの姿は貴重映像でしょう。
3本目のValichaと言う踊りが、ママクーナの芸の流れを汲んでいるのかどうかは定かでありませんが、動きはスペインからの影響もかなりあるのではと思います。音楽的にはワイノ(ウアイノ)に聞こえます。

Yma Sumac - Vírgenes del Sol 1944

Yma Sumac - www.my1music.my1.ru.

Peruvian folk dance: Valicha

Peruvian traditional folk dance by Asociación Cultural Qhaswa, from Lima, Peru. Recorded in Barcelos, Braga, Portugal, on 28/07/2012.

|

« Yma Sumac Vocal Range | トップページ | クンビア »

中南米」カテゴリの記事

コメント

ほんとにほんとに、がってん。がってん。がってん。です。

以前に、ラジオで、南米の、6オクターブの声を持つ女性の番組を聞いたことがありました。

このブログを毎日聞きながら、音域が広いのが自慢な訳でなく?何か他にあるのだろう、と。

インカ発声というのが、伝統がでしたか。

投稿: 百本八本 | 2012年10月25日 (木) 21時51分

百本八本様
そのラジオで聞かれたのは、もしかしたらイマ・スマックだったのでしょうか?
ママクーナは、日本なら近いのは中世の白拍子(今ちょうど平清盛で出てきています)でしょうか。
しかし、この音域の広さは桁外れで、世界に誇れる伝統でしょう。復活して欲しいものですが。

投稿: Homayun | 2012年10月26日 (金) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ママクーナ(太陽の乙女):

« Yma Sumac Vocal Range | トップページ | クンビア »