« ショーロ、エル・コンドル・パサ、アディオス・プエブロ・デ・アヤクーチョ | トップページ | ペルー・ギターの巨匠ラウル・ガルシア »

2012年10月15日 (月)

アナコンダ他

笹久保伸さんの演奏5日目です。いくつか見た中で、テクニック的に難しそうなフォルクローレ曲「アナコンダ」と、現代曲を上げておきます。見ていると、ペルー音楽だけでなく、随分と色んなスタイルを消化されていることがよく分ります。アナコンダでは、ブラジルのホセ・バレンセ・ディアスの演奏もちょっと思い出しました。フォルクローレの枠を越えて、クラシック含めた南米ギター音楽の伝統も脈々と息づいているように思います。
現代曲の方は、イタリアのシルヴァーノ・ブソッティの作品。確かにブソッティにはギター曲が目立ったように思います。30年位前にこの人の音源を探していたことを思い出しました。

Shin Sasakubo La Anaconda

Nuvola Barocca Shin Sasakubo

|

« ショーロ、エル・コンドル・パサ、アディオス・プエブロ・デ・アヤクーチョ | トップページ | ペルー・ギターの巨匠ラウル・ガルシア »

中南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナコンダ他:

« ショーロ、エル・コンドル・パサ、アディオス・プエブロ・デ・アヤクーチョ | トップページ | ペルー・ギターの巨匠ラウル・ガルシア »