« 冬のビウエラ | トップページ | カイピラの小さな汽車 »

2012年11月30日 (金)

ブラジルのヴィオラ

スペイン語の「ビウエラ vihuela」は、イタリア語やポルトガル語では、「ヴィオラ viola」となるそうです。言うまでもなく、擦弦楽器(ヴァイオリン属)のヴィオラとは別物です。そう言えばフランスのBudaから「ブラジル東北部 ノルデスチのカンタドール・ディ・ヴィオラ Oliveira de Panelas & Daudeth Bandeira」という盤が出ていたことを思い出しました。 ノルデスチ(ブラジル東北部)の10弦(または12弦)の小振りなギターで、ブラジル版トゥルバドゥール(吟遊詩人)のような歌い手が弾き語っていました。カイピラと言えば、ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハの一曲を思い出しますが、あの曲はこの楽器もイメージしていたのでしょうか。ノルデスチらしい明るい音色が良いです。
つまり、アンデスのチャランゴとブラジルのヴィオラは兄弟ということになるのだろうと思います。ボディの小ささからは、カヴァキーニョやウクレレと兄弟のように思いがちなチャランゴですが。
5本目など見ると、古楽器を離れて「ビウエラ」という楽器名はスペイン語圏で今でも生きているようです。この辺りから古楽器に遡れるか、それがこれからの課題です。

Daniel Viola (Solos de Viola Caipira)

VIOLA CAIPIRA - SELEÇÃO DE PAGODES PARA ESTUDO

SOLOS DE VIOLA

Bruna Viola

vihuela practice-Son De La Negra

|

« 冬のビウエラ | トップページ | カイピラの小さな汽車 »

ブラジル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルのヴィオラ:

« 冬のビウエラ | トップページ | カイピラの小さな汽車 »