« 「アラン・ドロンのゾロ」 アサド兄弟 | トップページ | LUZMILA CARPIO »

2012年11月 9日 (金)

ハイメ・グアルディアのチャランゴとギター

アンデス風のギターの弾き方のルーツは、チャランゴにあるのかなと思ったりもしますが、どうなのでしょうか。ハイメ・グアルディアはリラ・パウシーナにも参加していたチャランゴ名手ですが、ギターを弾いている映像もありますので、出来るだけ奏法の分かるものでアップしておきます。チャランゴではラスゲアード風な掻き鳴らしも多いですが、ギターでは低音の動きを重視してでしょうか、掻き鳴らしはほとんど入ってきてないように見えます。チャランゴ伴奏のしっとりしたウアイノの一曲、実に素晴らしいです。

Jaime Guardia y Margot Palomino - "La oscuridad de la noche" Huayno

JAIME GUARDIA ME ROBAS EL ALMA

|

« 「アラン・ドロンのゾロ」 アサド兄弟 | トップページ | LUZMILA CARPIO »

中南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイメ・グアルディアのチャランゴとギター:

« 「アラン・ドロンのゾロ」 アサド兄弟 | トップページ | LUZMILA CARPIO »