« マリアッチと古楽のビウエラ | トップページ | 牛を見張れの主題と変奏 »

2012年12月 7日 (金)

マリアッチのヴァイオリン

大きなソンブレロを被ってマタドール(闘牛士)のような衣装に身を包んだマリアッチ楽士のイメージが強すぎて、華やかなトランペット以外の印象が余りなかったのですが、ビウエラ&ギタロンの絶妙なリズム・セクションだけでなく、ヴァイオリンや歌も相当華やかなことに、youtubeを見て改めて気付かされました。個々の楽器の奏法を見ると、かなり面白いです。
そう言えば、ポーランド出身の名ヴァイオリニスト、ヘンリク・シェリングが戦後メキシコに帰化したことを思い出しました。J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン作品で特に有名な人ですが、スペイン系作曲家のアルバムも出していました。メキシコの作曲家マヌエル・ポンセの作品も盛んに演奏していましたから、情熱的なマリアッチのヴァイオリン演奏からも色々インスピレーションを受けていたのでは、と思います。

EL CASCABEL CON EL MARICHI NUEVO AUTLAN

Mariachi Sol de Mexico- El Rey de La Huasteca

|

« マリアッチと古楽のビウエラ | トップページ | 牛を見張れの主題と変奏 »

中南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリアッチのヴァイオリン:

« マリアッチと古楽のビウエラ | トップページ | 牛を見張れの主題と変奏 »