« Trenzinho do Caipira | トップページ | マリアッチと古楽のビウエラ »

2012年12月 5日 (水)

メキシコのビウエラ

スペイン語圏でビウエラ系の楽器を使っているのはどこか、調べたら、メキシコでした。メキシコ音楽と言えば、特に有名なのはマリアッチでしょう。トランペットの甲高い響きが印象に残っていましたが、弦楽器ではギターと並んで、ビウエラ、ギタロン(ベース担当)が用いられます。ビウエラはスペインの古楽器と同じ綴りですから、直系と考えて良いのでしょう。30日の5本目のように、元の古楽器奏法とはかけ離れた、高速の掻き鳴らしが中心になっているようです。華やかなトランペットやヴァイオリンにかき消され勝ちですが、ビウエラとギタロンの作り出すリズムがマリアッチのベースになっているようです。

vihuela

Vihuela ((La Fiesta Del Mariachi))

Vihuela & Guitarron (La Bikina)

MARIACHI VARGAS DE TECALITLAN TEMA EL SON DEL CUATRO CANTA MARIO SANTIAGO Y JUAN

|

« Trenzinho do Caipira | トップページ | マリアッチと古楽のビウエラ »

中南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メキシコのビウエラ:

« Trenzinho do Caipira | トップページ | マリアッチと古楽のビウエラ »