« カニアクマリとカドリのヴァータッピ | トップページ | プージャ・プラサド他のヴァータッピ »

2013年3月11日 (月)

南部牛追唄 斎太郎節 新相馬節

忘れられない、忘れてはならない、3.11になりました。この上なく辛く悲しい記憶を刻んだこの日だけは、数曲の東北民謡を毎年繰り返すことになると思います。去年、一昨年と、犠牲者への鎮魂唄、復興への応援歌に聞こえて仕方ないと言っていた2曲に加えて、相馬の素晴らしく美しい新相馬節を加えておきます。これらの民謡名曲を含むコンピレーションがここ1,2年色々出ました。

南部牛追い唄

チェロ他による演奏。コメントに「カザルスの鳥の歌を思わせるような格調高い楽曲。カザルスもカタ­ルニア民謡をアレンジしたもの。共通する素朴な哀愁を秘めた響き­がある。日本民謡の新発見。」とありました。なかなか言い得て妙では。

福田こうへい 「南部牛追唄」

畠山さんの名唱は何度も上げていますので、昨年の日本民謡フェスティバルで優勝された福田さんの歌唱で。音が割れていますが、この名曲のパワーがびしびしと伝わってきます。

斎太郎節(さいたら節)

ソウル・フラワー・ユニオン 斎太郎節 @ 気仙沼総合体育館

ソウル・フラワーと言えば神戸の震災の時の慰問演奏が有名でしたが、一昨年の震災直後にも被災地で演奏されたようです。

新相馬節 会津磐梯山

|

« カニアクマリとカドリのヴァータッピ | トップページ | プージャ・プラサド他のヴァータッピ »

民謡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部牛追唄 斎太郎節 新相馬節:

« カニアクマリとカドリのヴァータッピ | トップページ | プージャ・プラサド他のヴァータッピ »