« 南部牛追唄 斎太郎節 新相馬節 | トップページ | 動くチェンバイ&チョウダイヤー »

2013年3月12日 (火)

プージャ・プラサド他のヴァータッピ

南インドに戻ります。今日もヴァータッピ・ガナパティームですが、もう少し他の演奏を見てみます。くどいようですが色々な演奏で見ることで、この名曲を色々な角度から眺めることにもなろうかと思いますので。プージャ・プラサドという歌手については知らなかったのですが、そのタミル美人ぶりは勿論、歌唱も清楚でとても良いですね。2本目のヴェテラン歌手と少年ムリダンガム奏者も面白く聞けますし、映像がクリアなので、ヴァイオリンのフィンガリングや楽器自体もよく確認できます。3本目は森の中での女流ヴィーナ奏者ギータ・ナヴァレとムリダンガムという風変わりな?セッティング。これは曲のルーツを見つめている面もありなのかも知れません。いずれも楽しめる内容でした。

Pooja Prasad - Vatapi Ganapathim Bhaje

Varun Mridangam Arangetram - Song 2: Vatapi ganapathim

Geetha Navale - Vathapi Ganapathim Bhaje

|

« 南部牛追唄 斎太郎節 新相馬節 | トップページ | 動くチェンバイ&チョウダイヤー »

南インド古典音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プージャ・プラサド他のヴァータッピ:

« 南部牛追唄 斎太郎節 新相馬節 | トップページ | 動くチェンバイ&チョウダイヤー »