« オランダのインド音楽シーン | トップページ | アッサムの踊り »

2013年4月12日 (金)

Nazrul Sangeet by Firoza Begum

昨日は風邪気味でブログはお休みしましたm(_ _)m  朝晩は4月とは思えない寒さで、これからも一桁前半の最低気温が続くようです。まだ灯油が欠かせません。皆様もお気をつけ下さい。
さて、ベンガルの詩人ノズルル・イスラムの歌に戻りますが、色々映画の映像など上がっていますが、やはりフィロザ・ベグムの歌唱は古典的なスタイルを保っていて、ベンガルらしい叙情性溢れる柔らかい歌声で、特に良いと思います。季刊ノイズ91年のインド特集が出てきましたが、その中には彼についての記述が見当たらなかったので、やはりパオ(包)だったかなと思っています。タゴール・ソングも映画の映像など探せば色々出てくるでしょうし、ノズルル・イスラムと聞き比べたりするのも面白いかなと思いますが、またの機会にして、そろそろインドの他の地方に移りたいと思います。

'Amai nohe go' - Nazrul Sangeet by Firoza Begum

PATHA CHALITE JADI CHOKITE Feroza Begum

Firoza Begum talks about her life - part1 of 4

|

« オランダのインド音楽シーン | トップページ | アッサムの踊り »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nazrul Sangeet by Firoza Begum:

« オランダのインド音楽シーン | トップページ | アッサムの踊り »