« アルナーチャル・プラデーシュの舞踊 | トップページ | アッサムのボド族の踊り »

2013年4月19日 (金)

ガロ族の太鼓と踊り

一昨日のガロ族の映像はカメラが遠かったので、もっと至近距離から撮ったものを上げておきます。樽型両面太鼓はインドにもインドネシアにもありますが、この太鼓はどちら寄りでしょうか。パカワジやムリダンガムよりも随分細長い太鼓です。マディア・プラデーシュに住むインドの先住民ゴンド族(瑞VDE-Galloから音源あり)にそっくりの太鼓がありました。もしかしたらそちらの流れかも知れません。
目当てのゴングはここでは脇役ですが、太鼓、踊り共に興味深く、ステレオタイプのインドのイメージを大きく裏切ってくれていると思います。ガロのビデオは、モダナイズされた彼らの生活やポップスのものの方が多く、民族舞踊の映像は少な目です。かつては「首狩り族」と恐れられた彼らも、すっかり文明化されているようです。

Achik Mande - The Garos from the hills!

Garo tribal dance!

|

« アルナーチャル・プラデーシュの舞踊 | トップページ | アッサムのボド族の踊り »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガロ族の太鼓と踊り:

« アルナーチャル・プラデーシュの舞踊 | トップページ | アッサムのボド族の踊り »