« 渓間のガザル カシミールのラバーブ | トップページ | カシミールのトゥンバクナーリとアフガンのゼルバガリ »

2013年6月12日 (水)

カシミールの歌

スブハーン・ラートルの素晴らしいガザルを聞いてしまうと、どうしても他のカシミールの歌を聞いてみたくなります。パキスタン側かインド側か不明な映像ですが、いくつか気になった歌をアップしておきます。(パキスタン側ではないかと思われる歌を選びました)数年前はほとんどなかったと思いますが、政情不安定なこの地域のyoutube映像もどんどん増えているようです。特に一本目の子供の歌は独特な叙情性を湛えていて、忘れ難い旋律です。こうして聞くと、3拍子が多く聞こえますが、これはイラン系音楽文化の影響でしょうか?
カシミールと聞くと、レッド・ツェッペリンのフィジカル・グラフィティに入っていた「カシミール」を真っ先に思い出される方も多いかと思いますが(笑)、2本目では少しそんなイメージの片鱗が聞こえます。ラバーブもバックに入っています。
インド側のジャンムー・カシミールの音楽家で一番有名なのは、サントゥール奏者のシヴクマール・シャルマでしょう。彼の演奏については、いつかまたヒンドゥスターニ音楽枠で取り上げたいと思います。

Veth ayi maharen soneye by D. N. Nadim.mpg

best kashmiri song

|

« 渓間のガザル カシミールのラバーブ | トップページ | カシミールのトゥンバクナーリとアフガンのゼルバガリ »

南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシミールの歌:

« 渓間のガザル カシミールのラバーブ | トップページ | カシミールのトゥンバクナーリとアフガンのゼルバガリ »