« タブラとパカワジのジュガルバンディ | トップページ | Gond Tribe of Madhya Pradesh »

2013年6月28日 (金)

吉見さんと逆瀬川さん

今日は日本のヴェテラン・タブラ名人のお二人にご登場頂きましょう。吉見先生は20年前と全くお変わりなく、タブラのテクニックも相変わらず素晴らしく、関西弁のオヤジギャグまで懐かしく思い出し(笑)、とても嬉しく思いました。レッスン中の、あたかも「乾いた風」のようなタブラの音を、はっきりと思い出させてくれる映像です。
逆瀬川さんは、やはり20年ほど前にライヴで一度拝見しました。雲の上の名人のようなイメージのマハプルシュ・ミシュラの弟子、というのが強烈に記憶に残っていました。師譲りの切れ味鋭いテクニックと、芳醇な味わい深いタブラです。アラブ音楽とのフュージョンなどにも表現の幅を広げている吉見さんよりも、オーソドックスな北インド古典音楽の演奏が多いようにyoutubeからは見受けられます。

Tabla タブラ奏者 吉見征樹

井上憲司 逆瀬川健治 旭屋 20110528

|

« タブラとパカワジのジュガルバンディ | トップページ | Gond Tribe of Madhya Pradesh »

インド音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉見さんと逆瀬川さん:

« タブラとパカワジのジュガルバンディ | トップページ | Gond Tribe of Madhya Pradesh »