« カシミールの歌 | トップページ | ゼルバガリの名手 Malang »

2013年6月13日 (木)

カシミールのトゥンバクナーリとアフガンのゼルバガリ

今日はリズム編ということで、「渓間のガザル~カシミールのラバーブ」でのスブハン・ラートルのバックに聞こえていたカシミールのトンバクを見てみましょう。カシミールのトンバクはTumbaknariとクレジットされていて、この低音の豊かな片面太鼓トゥンバクナーリは、明らかにイランのトンバク(ザルブ)やアフガニスタンのZerBaghaliと同系統だろうと思います、と言うようなことを、数年前にも書いたような気がします。特にZerBaghaliの演奏は非常に技巧的で目を見張るものがあります。今回は出来るだけ重複しない動画を選んでみました。ゼルバガリの方が、タンブールとのデュオの良い演奏が色々ありました。

Tumbak Kashmir

Great Afghan Ustads Arman & Malang Guitar & ZerBaghali

Ostaad Malang Va Ostaad Rahim Caahaabii - Qqataqani - Navaa e Xoraas

Tanbor and Zerbaghali instrumental

|

« カシミールの歌 | トップページ | ゼルバガリの名手 Malang »

南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシミールのトゥンバクナーリとアフガンのゼルバガリ:

« カシミールの歌 | トップページ | ゼルバガリの名手 Malang »