« ビハールのロマ音楽? | トップページ | ギリシアの仏教 »

2013年8月14日 (水)

ブッダガヤ

お盆真っ只中の今日は、「仏教」の誕生した地、北インド・ビハール州のブッダガヤ関連の映像を上げておきます。ガウタマ・シッダールタ(釈迦)が悟りの境地に至った、仏教では最高の聖地とされるブッダガヤの仏像と音楽祭の模様です。
釈迦族が何人だったかについては、インド・アーリア系説初め、色々な説(ドラヴィダやチベット・ビルマ系なども)があるようですが、はっきり分っていないようです。ガンダーラの方のアーリア的で端整な仏像と違って、ブッダガヤのこの大仏はアジア的で柔和な表情がとても印象的です。
カビール・フェスティヴァルという名前、アラビア語で取れば「大きな音楽祭」の意味になりますが、ブッダガヤですから、おそらく他の意味なのでしょう。出演者の中にはベンガルのバウルらしき人も見えます。

Buddha Statue Bodh Gaya Bihar

KABIR FESTIVAL- 2013_ Bodh Gaya, Bihar

|

« ビハールのロマ音楽? | トップページ | ギリシアの仏教 »

インド」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブッダガヤ:

« ビハールのロマ音楽? | トップページ | ギリシアの仏教 »