« パシュトゥーのガザルとポップス | トップページ | Abida Parveen »

2013年9月 4日 (水)

Shakila Nazのガザル

パキスタン北西部にインド系とアフガン系の音楽が共存している状況は、何となく日本にも都節の邦楽(長唄、新内 等)と、田舎節の民謡があることを思い出させます。ガザルは雅びな方で、ラバーブを使ったアフガン系の音楽は、泥臭いイメージのような気がしますが、合っているでしょうか? 昨日のShakila Nazという女性歌手は他にも色々と映像がありました。パキスタンのガザルと言えば、大御所のメヘディ・ハッサンをまず思い出します。最近亡くなったようですが、彼もパシュトゥーではなかったと思います。

shakila naz Pashto Ghazal

Shakila Naz pashto ghazal bya kadi by Allah Noor sinjawi

Khoboona de khoboona - Shakeela Naz

|

« パシュトゥーのガザルとポップス | トップページ | Abida Parveen »

南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shakila Nazのガザル:

« パシュトゥーのガザルとポップス | トップページ | Abida Parveen »