« スィッディのマルンガ | トップページ | アキュレックのシャルクとアラベスク »

2013年11月22日 (金)

ウムット・アキュレックの新作

これまで6年余り地域別シリーズで続けてきましたが、今後は注目盤がある時は、シリーズを一時お休みして単発でレビューを書いていこうと思います。
最近チーデム・アスランのレベティカ・アルバムウムット・アキュレックの新作が出ていますが、まずはウムット・アキュレクから。彼女の歌唱については、確か4年ほど前に集中的に取り上げました。オスマン・トルコの古典音楽の流れを汲む、端整で艶美な歌声にすっかり魅了されたものです。歌の上手さに舌を巻いた上に、この艶っぽい美貌!
ここ数年立て続けにCDが出ましたが、youtubeで聞いたようなオスマン古典音楽(ファスルが多かったように記憶しています)そのものではないのですが、節回しには十分にその美点が盛り込まれていました。まだ入ってはいないのですが、新作のアラ・トゥルカは“トルコの演歌”アラベスクを取り上げているようです。欲を言えば、4年前にyoutubeで聞いたような、混声合唱と古典楽団をバックにファスルを歌っているようなアルバムを聞いてみたいものですが。

Umut Akyürek-Ay beyaz deniz mavi eğlenin kızlar(ÂlÂ''turka albümünden)(Yeni albüm)

Rengin Ahengi (ALATURKA)

|

« スィッディのマルンガ | トップページ | アキュレックのシャルクとアラベスク »

トルコ音楽」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

この系統の声では、Nesrin Sipahiが好きです。確かクドゥスィ・エルギュネル伴奏のアルバムがあったはず。

投稿: 白いりんご | 2013年11月23日 (土) 00時29分

白いりんご様
有難うございます。ネスリン・スィパヒがシャルクを歌った録音は、ドイツのCMPから出てましたが、こちらでしょうか。リリースが大分前なので入手困難(不可?)になっていると思います。同じくエルグネル・アンサンブルの演奏で、90年頃には軍楽やオスマン古典音楽なども盛んに入れていました。

投稿: Homayun | 2013年11月23日 (土) 21時13分

確かそれです。
そのアルバムでデデ・エフェンディのベステニギャル・マカームの名作シャルクBen seni sevdim seveli kaynayıp coştumを知ったのでした。

投稿: 白いりんご | 2013年11月26日 (火) 23時33分

白いりんご様
いつも有難うございます。手元にあるCMP盤に確かにこの曲は入っていました。

投稿: Homayun | 2013年11月27日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウムット・アキュレックの新作:

« スィッディのマルンガ | トップページ | アキュレックのシャルクとアラベスク »