« ビリンバウと弓琴 | トップページ | クレオールなタアラブの歌 »

2013年11月 7日 (木)

ザンジバルのタアラブ

今日は火曜に引き合いに出したザンジバルのタアラブについて少し見てみます。タアラブは、インド洋交易路に生まれ育った混血音楽で、タンザニア沖とは思えないアラブ色と、インドの映画音楽の影響も流れ込んだ国籍不明の調べと言われますが、1,2本目のようなウム・カルスームの歌を聞いているかのような、端整なアラブ古典音楽楽団の演奏から、アフリカのリズムが前面に出た歌と踊りまで、レパートリー自体が多様です。この2本を見ると、想像以上にアラブ音楽色が本格的なことに驚かされますが、その一方で3本目のようにライトな大衆音楽になっているケースも多いようです。これはインド洋のモーリシャスやセイシェルとかのクレオール文化に通じるものがあるように思います。

ZANZIBAR TAARAB

Taarab Music in Zanzibar

Aso mtu ana Mungu~~~ zanzibar taarab

|

« ビリンバウと弓琴 | トップページ | クレオールなタアラブの歌 »

アラブ」カテゴリの記事

東アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザンジバルのタアラブ:

« ビリンバウと弓琴 | トップページ | クレオールなタアラブの歌 »