« ウォルク・カッファ | トップページ | Penn Mang Khawk »

2014年2月21日 (金)

クロアチア民族舞踊団 LADO

昨日は招待券を頂いていたクロアチア国立ラド民族音楽舞踊団の高松公演に行っていたので、ブログはお休みしましたm(_ _)m 高松のフォークダンス・サークルの方々がお客さんのほとんどだったようですが、非常に楽しいコンサートでした。全く予備知識なしで行きましたが、その演奏の達者なことと、歌声の見事さ(チベット聲明のような低音もあり)、カラフルな衣装の舞踊とステージも目を見張るものがありました。
ホラ、ホロ、オロ(国によって呼び方は様々)に代表されるバルカン系フォークダンスの楽しさは勿論ですが、特に周辺国の音楽の影響?が色々と垣間見えたのが興味深かったです。ハンガリーの民謡、ブルガリアン・ヴォイス、ダルマチアのクラパ歌謡(少しイタリア~地 中海的)、クレタ島のリラ、ギリシアのブズーキなどに似た音楽が紙芝居のように次々聞こえてきました。スラヴらしい深淵を覗かせる無伴奏の合唱も絶品でした。(クロアチア語はスラヴ系なので、ロシア語から類推のきく語彙が結構あります) クロアチアが音楽文化の十字路でもあるから色々な要素が元々入っているのか、ラドの皆さんがクロアチア各地の多様な音楽を演奏できるからなのか、どちらなのでしょうか。
クロアチアの音源と言えば、心当たりのあるのはイギリスのARCからの何枚かで、このレーベルは現地盤のライセンス・リリースが多いのですが、どうやらラドの音源は出ていないようです。会場ではクロアチア盤のCDとDVDが並んでいたので、すかさずゲットして帰りました。
一本目は、昨日のプログラムと同じ1曲目、2曲目の順に出てきます。2曲目は何とも摩訶不思議なダブルリードのデュオでした。

LADO Ensemble - Croatian Folk Dance at 62nd Dubrovnik Festival

Ansambl Lado,narodni plesovi i pjesme Hrvatske, I

|

« ウォルク・カッファ | トップページ | Penn Mang Khawk »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア民族舞踊団 LADO:

« ウォルク・カッファ | トップページ | Penn Mang Khawk »