« yoik-n roll マリ・ボイネ ヨーイク合唱 | トップページ | ヨーイク合唱 »

2015年1月26日 (月)

ブロッホの祈り

今日は私事になりますが、2月1日の今治での催しで、エルネスト・ブロッホの「祈り」というチェロの曲を弾くことになりましたので、参考にした演奏を3本貼っておきましょう。モダン・ダンス(子供中心)、お能(仕舞と能管)、ジャズ・ピアノ、チェロという風変わりな組み合わせで、「星の祈り」という演目をコラボします。ブロッホの「祈り」他、3曲ほど暗譜で弾きます。
ユダヤ人作曲家らしく、東欧系ユダヤのカントール(シナゴーグでの合唱長)の歌声を模したような、細かいコブシとアシュケナージ(ピアニストではなく東欧系ユダヤ人のことですが)らしい深い情趣に富んだ曲です。同じようなタイプでは、マックス・ブルッフのコル・ニドライの方がよく知られていると思いますが、ブルッフは非ユダヤ人だったからでしょうか、協奏曲のような華やかさはあっても、カントールの歌の節を模すところまでは行ってないように思います。コル・ニドレイ(こちらがヘブライ語では正確な発音)のメロディは、そのまま冒頭に出てきますが。
「屋根の上のヴァイオリン弾き」(森繁さんではなくハイアム・トポル主演の映画版)を見られた方なら、中に出てきた男性の詠唱を思い浮かべれば、イメージ的に近いと思います。
youtubeは結構上がっていてAmit Peledというアメリカのユダヤ系チェリストのが一番気に入って参考にしました。ついで女流のソル・ガベッタで、ヨーヨー・マのは、さすが上手いですが、ちょっとアレンジが入っているのが少々残念。後に弾いているのは、J.S.バッハ無伴奏3番のジーグですが、何故この2曲繋げて弾いたのかも気になるところ。

Amit Peled in live performance of Prayer (from Jewish Life) by Ernest Bloch

Sol Gabetta feat. Andreas Kern - 'Prayer' (Ernest Bloch) [live]

Yo-Yo Ma performs at Brandeis Commencement

|

« yoik-n roll マリ・ボイネ ヨーイク合唱 | トップページ | ヨーイク合唱 »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロッホの祈り:

« yoik-n roll マリ・ボイネ ヨーイク合唱 | トップページ | ヨーイク合唱 »