« ハルダンゲルフィドルとフィドル | トップページ | セリエフレイテ »

2015年2月 3日 (火)

Bukkene Bruse

ハルダンゲルフィドルを使ったノルウェー・トラッドのグループに、ブッケネ・ブルセがいました。1本目のCDが出たのは93年で、このジャケットにはっきり見覚えがありますが、既にリリースから20年以上経過していることに驚きました。確かリレハンメル五輪の頃、以前いた店で入れていたような記憶があります。現在もカタログ上生きているかどうか、調べれば分ると思いますが。
ハルダンゲルフィドルの他に、ナイーヴな印象の男性の独唱、フィドル、リコーダーの基本トリオ編成のようです。古楽的な趣きと、ソルヴェーグの歌のような雰囲気とが絶妙にクロスしたような儚げな美しさ。打楽器やベース楽器が入らないのが、この北国ノルウェー音楽らしいところ。

Bukkene Bruse - Bøn

Bukkene Bruse - Haslebuskane

Bukkene Bruse - Målfrid mi fruve

|

« ハルダンゲルフィドルとフィドル | トップページ | セリエフレイテ »

北欧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bukkene Bruse:

« ハルダンゲルフィドルとフィドル | トップページ | セリエフレイテ »