« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

Nexus Percussion & Sepideh Raissadat

今日はちょっとペルシア音楽の話題です。フランスのBudaからのアンサンブル・モシュタークとの2枚(14 Cheerful piecesとTambour Inopine)が素晴らしかった女性歌手セピデー・ライサダットのセタール弾き語りに、何と現代音楽方面で名高いパーカッション・アンサンブルのネクサスが共演。ライサダットの余りに美しく清々しい歌声はBuda盤の通りですが、そこにネクサスが加わるとは!誰が想像したでしょうか。この動画は先日フェイスブックで知りました。インタビュー付きの1時間の映像(こちらはyoutube)と併せて上げておきます。今年のノウルーズ(イラン歴の新年。今年は3月21日から)を祝う、カナダはトロントでのスペシャル・プログラムの映像だそうです。新年らしい晴朗なマーフール旋法の歌声が余りに余りに・・美しいです!
このタスニーフ(歌曲のような形式)は、ヤフヤ・ザッリンパンジェの作曲ということも、今回初めて知りました。この人は1897年生まれの往年のタールの名手で、同年代のムーサ・マアルフィとのタール・デュオ録音が残されています。

Tasnif "Ze Farvardin"
Nexus Percussion & Sepideh Raissadat

Composition: Yahya Zarpanjeh
Lyrics: Mohammad-Taqi Bahar
Arrangement: Russell Hartenberger
Nexus Percussion: Russell Hartenberger, Bill Cahn, Bob Becker, Garry Kvistad
Vocalist & Setar: Sepideh Raissadat
Recorded at Walter Hall (University of Toronto) March 2015 by VOA Persian, Nowruz 2015 special program

https://www.facebook.com/video.php?v=929324623768408
演奏の部分のみ。

Sepideh Raissadat - Nowruz Program 2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

ДИАНА

ДИАНА(ディアナ)というチュヴァシの女性歌手の映像が結構ありました。音楽的にはロシアより中央アジアのポップスに近い感じがあります。しかも、かなりな美人さんで。東洋と西洋の間という感じが、いたるところに見受けられます。街並みもロシアと微妙に違います。ヴォルガ中流域は本当に多様な要素が入り混じっているという印象を更に強めました。

ДИАНА-чувашская песня шонкор-шонкор

Chuvash song: Diana - "Вещсе кай" ("Veshse kai")

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

チュヴァシ・ポップス

チュヴァシと並んでヴォルガ・ブルガールの末裔と言われるヴォルガ・タタールも見てからウラル系に戻り、その後フィンランドを再度当ろうと思いつつ、チュヴァシで色々と興味深い音源に当ります。チュヴァシのポップスと思しき今日の2曲、一曲目はチュヴァシの民謡系ポップスのようですが、ロシア民謡にそっくりな曲があったように思います。すぐタイトルを思い出しませんが。一方2曲目は、まるでトルコのポップスにそっくり。小国の中でこれ程違うポップスが共存しているのが不思議にも思います。しかし、どちらも魅力的です。

Chuvash folk song: "Sik tuh" - Avgusta Uljandina

Mno Qka Balada 2015 Chuvash Li / убийствена балада 2015 Чуваш Ли Dj.Otvorko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

チュヴァシのパンパイプ、バグパイプ

今日は引き続きチュヴァシの音楽ですが、パンパイプとバグパイプの演奏がありまして、珍しいので上げておきましょう。東欧だとルーマニアのイメージが非常に強いパンパイプ(パンフルートあるいはナイとも)が、チュヴァシにもあったとは。バグパイプはケルトのイメージが強いかも知れませんが、世界中あちらこちらにある楽器です。リコーダーも出てきます。伴奏はバラライカです。後半はバラライカとバヤン(ロシアのボタン・アコーディオン)に太鼓はカフカスの太鼓に似た感じなのにマレットで叩いているのが面白いです。
5音音階の民謡に注目が集まり勝ちな、チュヴァシやタタールですから、こういう器楽編は珍しいです。

Chuvash bagpipe & folk instruments • "Şăvan kěvěsem"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

Chuvash folklore

ロシアのヴォルガ中流域に戻ります。チュヴァシ関係だけでも、ここ数年の間に夥しい数のビデオが上がっているようです。音楽以外の民族的なドキュメンタリーにも興味深いものがありますが、今日はチュヴァシの民謡合唱とアコーディオン、太鼓などの素朴な演奏を、野外とステージで演奏している映像です。特に結婚式の一こまと思しき前者は、歌が生まれる土地の匂いと空気感のようなものを強く感じさせ、素晴らしいことこの上ない映像です。5音音階と甲高い女性の声が特徴的です。一方、2本目ではロシアの民謡との類似点が多く感じられます。

Свадьба верховых чувашей - 2013

Chuvash folklore • Паллашӑр Ҫавал

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

インタ・オムリ

ウード奏者、加藤吉樹さん中心のアラブ音楽の演奏をもう一つ上げておきましょう。
インタ・オムリは、アラブ歌謡の女王ウム・カルスームと、近代アラブ音楽の父、作曲家ムハンマド・アブデルワッハーブが生み出した名曲中の名曲。ステージでの録音はこの一曲で約60分。1964年の作品です。

2012.3.25(sun) minami horie ZERO
音色とベリーダンスの饗宴Vol.4
演奏:ウード/加藤吉樹 ヴァイオリン/秦 進一 レク/サンペー カーヌーン/音描き屋しんご ダルブッカ/アブダッラー ダルブッカ/牧瀬 敏 パーカッション/永田 充
Bellydancer Mayuko

Mayuko bellydance "Enta Omri"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

アラブ音楽&ベリーダンス・ライブ@今治 浄土寺

先日ウード奏者の加藤さんから今治でライブをやりたいとお申し出がありまして、4月9日に今治の浄土寺で開催することになりましたので、今日はそのお知らせ含め加藤さん中心の動画をアップしておきます。お近くの方は是非お越し下さい。私は当日即売で出ております。

Alf Leyla Wa Leyla~アラブ音楽とベリーダンス~

今度今治に来られるトリオでの演奏。ダンサーさんは違います。
エジプトの往年の大歌手ウム・カルスームの名曲の一つで、その名も「千と一夜(アリフ・ライラ・ワ・ライラ)」。アラビアン・ナイトのイメージそのものずばりのタイトルです。
私は97年頃出た「ジャリラのラクス・シャルキ(オリエンタル・ダンス)3」(ドイツPiranha盤)で初めて聞いて魅了されました。カルスームの長尺のステージ録音も残っています。(以下はyoutubeビデオの情報より)

2014/11/11「千と一夜の夢の夜~アラブ音楽とベリーダンス~」
@Bar Air 福岡県北九州市小倉北区浅野2-12-8

ヴァイオリン 及川景子
ウード 加藤吉樹
ダラブッカ 牧瀬敏
ベリーダンス Malika(マリカ)

ライブのオープニング曲、ウンム・クルスームの「アルフ・レイラ・ワ・レイラ(千と一­夜)」の動画です。
この曲は通常、ベリーダンスでは前奏の部分のみが踊られることが多いのですが、その後­に続く歌詞のパートがさらに美しく、後半は歌詞のパートのインストルメンタル演奏とな­っています。

愛しいあなた
夜と空 星と月
そしてあなたとわたし
そのすべてが愛の中にいる
愛がわたしたちに幸せにおなりと言う
私たちをこの夜の中にいさせて
太陽に一年経つまでは来ないでと伝えて
あなたと過ごすこの夜は
千と一夜に値するほど素晴らしいから
だって人生ってなに?
人生ってこんな夜のことをいうのでしょう~アルフレイラ~

Longa Farahfaza(ロンガ・ファラッファザ) by しんきちさん

ウム・カルスームに名曲を数々提供し、自身優れたウード奏者兼歌手でもあったリアド・アル・スンバティの名曲。軽快なテンポの曲で、コンサートの初めによく演奏されます。

Saki Bellydance "Aziza"

スンバティ以上に有名な作曲家兼歌手のモハメド・アブデルワハブの作曲。彼とカルスームのコンビでは更に多くの名曲が残されています。ウードの加藤さんの師匠の常味裕司さんの演奏で90年代に何度も聞かせて頂きました。5年前に常味さんが松山(ライブ会場は砥部)に来られた際にも聞いたと思います。

チラシ両面
1504091000
1504091000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

チュヴァシの民族舞踊

チュヴァシのフォークダンスを上げるのは初だったように思います。子供のダンス、大人のダンス、どちらもとても印象的です。ロシアの踊りに音楽面で似ている部分もありますが、歌いながら手を繋いでのステップは独特です。女性の被り物も、いかにもテュルク系民族らしく見えます。

Chuvash Children Folk Dance

Chuvash Folk Dance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

チュヴァシはヴォルガ・ブルガールの末裔

かくもウラル地方にこだわっているのは、ハンガリーやフィンランド、サーミ、エストニアのルーツの地であるということによりますが、何より個人的に民族音楽を聞き始めるきっかけになった大作曲家バルトークの存在が大きいことは、前にも書いたと思います。ハンガリーのジプシー系の音楽ではなくて、マジャール民族の音楽や言語の古い伝統を辿っていくとウラルに行き着くからです。それを初めて研究したのが、バルトークやコダーイでした。
それと、東欧系ユダヤ人のルーツとも言われたりもするハザール王国や、その後も栄えたヴォルガ・ブルガールの名残りを見つけることも出来る土地です。今日はそのヴォルガ・ブルガールの末裔とも言われるチュヴァシについての映像です。ハザールやブルガールはウラル系ではなく、アルタイ系(そのブランチのテュルク系)の方になります。

Chuvash people (descents of Bulgars)

Chuvash folk song: "Керекере" (Kerekere) - Anna Orlova

Chuvash folk song: "Shurӑ Hurӑn" - Alina Egorova [360p | 16:9]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

マリの女性ポップス

ロシアのマリ(チェレミス)のポップスも色々上がっています。数本聞いた限りでは、5音音階が多く、中国辺りの歌を聞いているのかと錯覚しそうにもなります。昔フランスのChant du mondeから旧ソ連の音楽のボックスが出ていて(確か露Melodiyaの音源)、その抜粋盤が新世界レコードから出ていました。ラストを飾っていたのが、タタールの5音音階の民謡でした。ソ連にこんな東洋的な旋律があるのかと驚いたものですが、アルタイ系のタタールやチュヴァシではなく、ウラル系のマリにおいても5音音階が目立ちます。タイトルのЯндар(ヤンダル)とЙолташемлан(イオルタシェムラン)というのが、どういう意味かが気になります。明らかにロシア語ではなく、マリ語だと思います。前者はほとんど民謡と言って良さそうです。

Яндар - Марий лум ( Марийские имена )

Лилия Петухова - Йолташемлан

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

Мари. Будни и праздники

またまたマリ(チェレミス)に関する素晴らしい映像がありました。「マリ、平日と休日」と題するこの一本には、様々な伝統文化と食文化、更には伝統音楽に関する部分も豊富で、色々な楽器が出てきます。アコーディオンと太鼓、グースリー(の一種?)の合奏、リコーダーの一種などで、これだけ映像のいいものはなかなか見たことがありません。特に歌の部分で5音音階が多いこともよく確認できます。

Мари. Будни и праздники

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

新相馬節 会津磐梯山

今週あと一日も民謡で行きます。新相馬節もほとんど毎年取り上げていた民謡で、3.11後の困難な状況の中では、こちらも涙無しに聞けない一曲と言えるのでは。浜通りに行ったことはなくとも、懐かしい思いに浸れました。唄と三味線の菊池杜支朗さんは、良い節してます。三味線は津軽だと思いますが、深い音色が良いですね。コメント欄に「菊池杜支朗さんは秋田県出身、歌声の中にも東北訛りがそこ彼処、漂っていると思います。 演奏中、杜支朗さんの目からは、今にも涙が落ちそうでした。 」とありました。
一方、会津には行ったことがありまして、お盆の頃に会津磐梯山の歌い手が上がった櫓?を見たのは、忘れられない思い出です。この民謡も本場で聞くと格別の味わいがありました。すぐそばで利き酒大会があって、その酒の味も忘れられません(笑) 蕎麦も美味しく、猪苗代湖と裏磐梯にも感動しました。

新相馬節 会津磐梯山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

大漁唄い込み 鈴木正夫 (二代目)

もう一曲、必ず3.11に取り上げていたのが「大漁唄い込み(斎太郎節)」でした。南部牛追い唄がレクイエムなら、こちらは復興への応援歌に聞こえて仕方なかったものですが、私だけかと思ったら同じことを思っていた人が多くいたようで、やはり民謡と言うのはDNAレベルで郷愁を呼ぶものなのかなと思ったものです。震災後、地元のある民謡のステージでこの曲を力強く歌っているのを聞いて、特に上手くはなくても、強く揺さぶられ目頭が熱くなったものでした。
色々聞きましたが、日本伝統文化振興財団からの「COLEZO!TWIN〉決定版 日本の民謡 (2枚組)」収録の鈴木正夫 (二代目)の唄が、バックコーラスも含めて一番良いように思います。

鈴木正夫 (二代目) ☆ 大漁唄い込み 「遠島甚句」 入り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

馬頭琴による南部牛追唄

忘れられない、忘れてはならない3.11も後少しになりました。毎年恒例になっていますが、今年も南部牛追唄を上げておきます。この曲はレクイエムのように聞こえて仕方ないと、2011年以来書いてきましたが、何年経っても同じ思いです。
1本目は変り種で、モンゴルの馬頭琴(モリンホール)での演奏ですが、元々この楽器は日本の追分や馬子唄に似た、こぶしたっぷりのモンゴルの伝統歌オルティンドーなどの伴奏をしているだけあって、実にぴったりはまっています。「草原のチェロ」とも形容された高過ぎない音域で朗々と歌う節の美しさに聞き惚れました。
若手民謡歌手の福田こうへいさんが、南部民謡の大家・福田岩月のご子息で、南部民謡界のサラブレッドであることは去年も書きました。2本目では、彼のヒット曲の間に餡子のように南部牛追い唄が挿入されています。やっぱり素晴らしいという他ないです。

南部牛追い唄 NAGISA/馬頭琴

福田こうへい 南部牛追い唄を歌う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

Камва-экспедиция マリとコミ編

Камва-экспедиция(カムヴァ・エクスペディツィヤ)の動画シリーズには、他にマリとコミのものもありました。それぞれ民謡を中心とした伝統文化を十分に伝える素晴らしい内容で、このような番組があることが、信じられない程です。アジアなのかヨーロッパなのか、人々の顔立ちは様々。昨日書きましたように、экспедицияは遠征あるいは探検と訳せますが、Камваの方が不明です。

Камва-экспедиция. Марийцы. 2008

Камва-экспедиция. Коми. 2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

ウドムルト(ヴォチャーク)の古映像

マリ・エル(チェレミス)同様、近くのウドムルト(ヴォチャーク)に関する動画も、ロシア語で検索した場合ですが、7年ほどの間に随分増えていました。紀行、伝統文化に関するもの等、様々あります。1本目はウドムルトの紀行(遠征とありますが)映像のようですが、КамваとБуйскиеという見慣れない語があり、これはウドムルト語かも知れません。2本目は「20世紀初頭におけるウドムルトの伝統文化」とあります。女性中心の地声合唱、舞踊、アコーディオンなど、様々な貴重映像と音楽が、これでもかという感じで出てきます。一本目で聞ける女性達の歌声は、いかにもハンガリーのマジャール民謡のルーツを感じさせるメロディです。これを聞く限り、マリの民謡よりマジャール民謡に近いようにも思えてきます。

Камва-экспедиция. Буйские удмурты. 2008

Традиции удмуртской культуры в начале 20 века

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

マリとコミの踊りと歌

マリ(チェレミス)の歌もかなり上がっていますが、シンセサイザー伴奏になっていて残念なものも多く、伝統的なままの映像は意外に少ないようです。それらの中から選りすぐりの映像を探してみました。まずは、マリとコミのものでありました。男性の民族衣装ルバシカなどロシアとほとんど同じに見えても、音楽は5音音階が多く聞き取れます。比較のため、3本目にロシアの民謡合唱を上げておきましょう。同じフィールドワーカーが取材しているようです。共通点、相違点、諸々よく分ると思います。同じフィン・ウゴル系のヴォチャーク(ウドムルト)の素晴らしい映像もあると思いますが、また後日と言うことで。

Mari (Volga-Finnic) Dances and Music from Yoshkar-Ola 1of2

Komi folk dance and song\ Ансамбль "Кукушечка"

Russian folksong "Ne velyat Mashe za rechenku hodit"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

フィンランド女性の歌うモルドヴィン・ポリフォニー

フィンランドのヴァルティナの歌に、モルドヴィンなどロシア連邦内のウラル民族の歌に共通するものを感じる云々書いたことを裏付けるような一本がありました。以下の英文解説にあるように、モルドヴィンの言葉はフィンランド語と密接な関係にあり、それぞれの言葉で喋って相互理解が可能ではないかとさえ考えられているようです。(話者人口が85万というのは、結構多いと思います)
ポリフォニックな歌唱はモルドヴィン音楽の特徴で、オックスフォードの留学生と思しき彼女らはフィンランド人なのでしょうが、何故モルドヴィンの歌を歌えるのか、ヴァルティナに限らず広くウラル民族の伝統を踏まえた合唱伝統はフィンランドに遍くあるのかが、気になるところです。
Two of my Finnish students in Oxford, singing a Mordvinic folk song. Mordvin is spoken in Russia by roughly 850,000 people, and the language, being a Finno-Ugric one, is closely related to Finnish, though not mutually intelligible with Finnish.

Mordvinic Song

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

Девять забытых песен

もうしばらくウラル語族の世界を回って北欧~北海の方に移ろうと思っています。ウラル山脈西側のウラル民族の中では一番北にあるコミについても数年前に少し回りましたが、また興味深い映像が追加されていました。解説に、"Nine forgotten songs", 2008. Director Galina Krasnoborova. A film about curses sent by ancestors and the Komi-Permyak people, for whom these are still very real, perhaps even more so than material things.とありました。コミ語はフィン・ウゴル語派ではハンガリー語に次いで、2番目に古い記録をもつ言語とのこと。民謡においても古層を伝えている(いた?)のだろうと思いますが、マリ(チェレミス)などに比べるとマイナーで、音源はほぼ皆無と思われます。だから、こういう映像は嬉しい限りです。

Девять забытых песен / Nine forgotten songs
コミの9つの忘れられた歌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »