« ДИАНА | トップページ | SURHURI "Sheep Leg" is the New Year Celebration among Chuvash »

2015年3月30日 (月)

Nexus Percussion & Sepideh Raissadat

今日はちょっとペルシア音楽の話題です。フランスのBudaからのアンサンブル・モシュタークとの2枚(14 Cheerful piecesとTambour Inopine)が素晴らしかった女性歌手セピデー・ライサダットのセタール弾き語りに、何と現代音楽方面で名高いパーカッション・アンサンブルのネクサスが共演。ライサダットの余りに美しく清々しい歌声はBuda盤の通りですが、そこにネクサスが加わるとは!誰が想像したでしょうか。この動画は先日フェイスブックで知りました。インタビュー付きの1時間の映像(こちらはyoutube)と併せて上げておきます。今年のノウルーズ(イラン歴の新年。今年は3月21日から)を祝う、カナダはトロントでのスペシャル・プログラムの映像だそうです。新年らしい晴朗なマーフール旋法の歌声が余りに余りに・・美しいです!
このタスニーフ(歌曲のような形式)は、ヤフヤ・ザッリンパンジェの作曲ということも、今回初めて知りました。この人は1897年生まれの往年のタールの名手で、同年代のムーサ・マアルフィとのタール・デュオ録音が残されています。

Tasnif "Ze Farvardin"
Nexus Percussion & Sepideh Raissadat

Composition: Yahya Zarpanjeh
Lyrics: Mohammad-Taqi Bahar
Arrangement: Russell Hartenberger
Nexus Percussion: Russell Hartenberger, Bill Cahn, Bob Becker, Garry Kvistad
Vocalist & Setar: Sepideh Raissadat
Recorded at Walter Hall (University of Toronto) March 2015 by VOA Persian, Nowruz 2015 special program

https://www.facebook.com/video.php?v=929324623768408
演奏の部分のみ。

Sepideh Raissadat - Nowruz Program 2015

|

« ДИАНА | トップページ | SURHURI "Sheep Leg" is the New Year Celebration among Chuvash »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/59462174

この記事へのトラックバック一覧です: Nexus Percussion & Sepideh Raissadat:

« ДИАНА | トップページ | SURHURI "Sheep Leg" is the New Year Celebration among Chuvash »