« 馬頭琴による南部牛追唄 | トップページ | 新相馬節 会津磐梯山 »

2015年3月12日 (木)

大漁唄い込み 鈴木正夫 (二代目)

もう一曲、必ず3.11に取り上げていたのが「大漁唄い込み(斎太郎節)」でした。南部牛追い唄がレクイエムなら、こちらは復興への応援歌に聞こえて仕方なかったものですが、私だけかと思ったら同じことを思っていた人が多くいたようで、やはり民謡と言うのはDNAレベルで郷愁を呼ぶものなのかなと思ったものです。震災後、地元のある民謡のステージでこの曲を力強く歌っているのを聞いて、特に上手くはなくても、強く揺さぶられ目頭が熱くなったものでした。
色々聞きましたが、日本伝統文化振興財団からの「COLEZO!TWIN〉決定版 日本の民謡 (2枚組)」収録の鈴木正夫 (二代目)の唄が、バックコーラスも含めて一番良いように思います。

鈴木正夫 (二代目) ☆ 大漁唄い込み 「遠島甚句」 入り

|

« 馬頭琴による南部牛追唄 | トップページ | 新相馬節 会津磐梯山 »

民謡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大漁唄い込み 鈴木正夫 (二代目):

« 馬頭琴による南部牛追唄 | トップページ | 新相馬節 会津磐梯山 »