« フィンランド女性の歌うモルドヴィン・ポリフォニー | トップページ | ウドムルト(ヴォチャーク)の古映像 »

2015年3月 6日 (金)

マリとコミの踊りと歌

マリ(チェレミス)の歌もかなり上がっていますが、シンセサイザー伴奏になっていて残念なものも多く、伝統的なままの映像は意外に少ないようです。それらの中から選りすぐりの映像を探してみました。まずは、マリとコミのものでありました。男性の民族衣装ルバシカなどロシアとほとんど同じに見えても、音楽は5音音階が多く聞き取れます。比較のため、3本目にロシアの民謡合唱を上げておきましょう。同じフィールドワーカーが取材しているようです。共通点、相違点、諸々よく分ると思います。同じフィン・ウゴル系のヴォチャーク(ウドムルト)の素晴らしい映像もあると思いますが、また後日と言うことで。

Mari (Volga-Finnic) Dances and Music from Yoshkar-Ola 1of2

Komi folk dance and song\ Ансамбль "Кукушечка"

Russian folksong "Ne velyat Mashe za rechenku hodit"

|

« フィンランド女性の歌うモルドヴィン・ポリフォニー | トップページ | ウドムルト(ヴォチャーク)の古映像 »

ウラル・アルタイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリとコミの踊りと歌:

« フィンランド女性の歌うモルドヴィン・ポリフォニー | トップページ | ウドムルト(ヴォチャーク)の古映像 »