« 蛍の光 (Auld Lange Syne)とスコットランド語 | トップページ | 蛍の光 »

2015年4月30日 (木)

バグパイプによる「蛍の光」(Auld Lange Syne)

ハイランドのバグパイプによるAuld Lange Syneを探してみました。勇壮に演奏されると更に涙腺を刺激するように思います。日本では卒業式の定番として定着していますが、本場スコットランドでは年始、披露宴、誕生日 などで歌われる歌です。ポーランドでの演奏と思しき1本目の後半に演奏しているのは、スコットランド・ザ・ブレイヴ。おそらくハイランドのバグパイプ曲で一番有名な曲です。アメイジング・グレイスとの2本目は、LIFE IS BEAUTIFUL- MILENIUM GALA CONCERT BERLINとありますが、2000年の年始の演奏でしょうか? LIFE IS BEAUTIFULの文句が全てを表しています。

Auld Lang Syne - Czestochowa Pipes & Drums z Królewską Orkiestrą Symfoniczną

AMAZING GRACE & AULD LANG SYNE-ANDRE RIEU-BERLIN ORCHESTRA

|

« 蛍の光 (Auld Lange Syne)とスコットランド語 | トップページ | 蛍の光 »

ケルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バグパイプによる「蛍の光」(Auld Lange Syne):

« 蛍の光 (Auld Lange Syne)とスコットランド語 | トップページ | 蛍の光 »