« Bagpipes and drums " Amazing Grace " | トップページ | The water is wide »

2015年5月21日 (木)

Parting Glass

マッサンの最終週でエリーが口ずさんでいた歌について、知人から聞かれまして調べました。飛び飛びに見ていたので、その回は見逃していたようです。(録画を後日見る予定)
その曲名は、Parting Glassというスコットランドの古い民謡で、1770年には確認されていたそうなので、「蛍の光」に詩が付けられるより前と思われます。一本目にあるようにアイルランドでも歌われてきたようです。Partingは別離を意味するので、日本で言えば「別れの杯」という意味になります。
日本では すっかり惜別のイメージが定着している「蛍の光」は、本国では再会を喜ぶ歌、あるいは新年の歌ですが、The Parting Glass は正真正銘の別れの歌、辞世の歌です。エリーは自分の命が長くないことを悟って歌ったようです。。 ドラマを思い出すと、更に涙無しでは聞けない歌です。

The Parting Glass [Assassin's Creed 4] - Irish folk song - A Cappella cover

The Wailin' Jennys - The Parting Glass

The Parting Glass

|

« Bagpipes and drums " Amazing Grace " | トップページ | The water is wide »

ケルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Parting Glass:

« Bagpipes and drums " Amazing Grace " | トップページ | The water is wide »