« ニルス・ゲーゼ 「オシアンの余韻」 | トップページ | Julie Fowlis »

2015年6月18日 (木)

スコットランド・ゲール語の民謡

ケルト系の言語、ゲール語は、アイルランドとスコットランド、その間のマン島などで話されていますが、人口の多いアイルランドでもアイルランド・ゲール語の話者は35万人ほどで、これはゲール語のみ話す人数のようですが、人口の10分の1にも届かないようです。英語とのバイリンガルは、ぐっと増えて人口の40パーセント余りだとか。スコットランドでは更に少なくて話者数が6万人ほどだそうです。アイルランド、スコットランド共に純粋なゲール語話者は西部や北西部に集中しているようです。ダブリンやエディンバラなど都市部は大体東部にありますから、過疎地帯でしょうか。
そのスコットランド・ゲール語で歌う若手女性歌手の一人がJulie Fowlis。その歌声は、英語よりも柔らかく、ケルト音楽らしい趣きに溢れています。「蛍の光」の原曲Auld Lang Syneはゲルマン系のスコットランド語の語彙が混じった歌詞でした。同じスコットランドの歌ですが、言語によって少しずつ違う趣きを持つところが、とても面白いです。

♫ Scottish Music - Gaelic Folk Song ♫

|

« ニルス・ゲーゼ 「オシアンの余韻」 | トップページ | Julie Fowlis »

ケルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スコットランド・ゲール語の民謡:

« ニルス・ゲーゼ 「オシアンの余韻」 | トップページ | Julie Fowlis »