« マン島の民謡とフォークダンス | トップページ | Mactullagh Vannin »

2015年7月22日 (水)

Manx Tradition: Arrane Ghelbee (Dalby Song)

今日のマン島のハープ中心の曲は、特に甘美で印象的です。この島と思しき美しい景色や不思議な建物と何とぴったり合っていることでしょうか。昔々ある夏の夕方に謎の老人が舟でBraddaからDalbyの辺りにやってきて、一節歌って去って行ったというこの曲。言葉は聞き取れなかったようですが、このメロディはDalbyの人々の心を捉えて離さず、代々語り継がれて来たそうです。ケルト・ハープ中心で弾き継がれて来たのでしょうか。この素朴な演奏がまた良いです。こういうアノニム(作者不詳)の曲は世界中にあるでしょうが、以下のビデオ解説文中のAnd no one knew whence he came, nor whither he went, nor who he wasという部分に非常に惹かれるものがあります。この曲が入った盤がないか、調べてみたくなりました。
In the long ago a curiously shaped boat would be seen at the close of a summer evening coming from Bradda towards Dalby. In the boat sat an old man with long white hair, who rowed until off Niarbyl Point; there he rested on his oars and sang this melody, which runs up and down the minor scale with the lilt of the waves. And as the thing became known, the people would come and stay on the shore to listen to his music, for it was very sweet to them; but his boat was far off, and no words could be distinguished. When the old man had made an end of the song, he rowed south-westward till he was seen no more. And no one knew whence he came, nor whither he went, nor who he was, but the people of Dalby knew his song and taught it to their childrens children." . T. Quane of Dalby. The harpist is Charles Guard.

Manx Tradition: Arrane Ghelbee (Dalby Song)

|

« マン島の民謡とフォークダンス | トップページ | Mactullagh Vannin »

ケルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/60851280

この記事へのトラックバック一覧です: Manx Tradition: Arrane Ghelbee (Dalby Song):

« マン島の民謡とフォークダンス | トップページ | Mactullagh Vannin »