« フォークデュオSTRENGYNとマン島語 | トップページ | マン島の民謡とフォークダンス »

2015年7月17日 (金)

マン島のフィドル

そして最もケルトらしい伝統音楽と言えば、やはりフィドルになるかと思います。ぱっと聞いた感じではアイルランドの音楽との類似性が強いように思いますが、マン島独自の部分もあるのでしょうか。
この島では「イングランド・アイルランドとも異なる独自の文化を築いてきた」とか、「法的にはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の一部でもなく、自治権を持ったイギリスの王室属領である」とあるように、英国海峡に浮かぶチャンネル諸島(ココ・シャネルやジャージー牛乳の名前の由来がこの島々に)と並んで「イギリスの特別領域」と言うことなので、何か独自性もあるのでは、と思いましたが。
1本目のタイトルには、ダグラス(マン島の首都)でのアイリッシュ・フォーク・ミュージックとありますが、2本目にはアイリッシュとはっきり書かれてはいません。後者がマン島独自のフィドル音楽なのでしょうか?

Irish Folk Music - O'Donnel's Pub, Douglas, Isle of Man

O'Donnells Traditional Music - Douglas, Isle of Man

|

« フォークデュオSTRENGYNとマン島語 | トップページ | マン島の民謡とフォークダンス »

ケルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マン島のフィドル:

« フォークデュオSTRENGYNとマン島語 | トップページ | マン島の民謡とフォークダンス »