« Arany Zoltanによるガリシア・トラッド | トップページ | Bagad KEMPER »

2015年10月15日 (木)

ビニューとボンバルド

フランス北西部に突き出たケルトの地、ブルターニュの楽器に焦点を当ててみます。特徴的な楽器にビニューボンバルドの組み合わせがあります。バグパイプ系のビニューと、ダブルリード系のボンバルドは、どちらも甲高い音ながら、哀愁味溢れる音色が実に素晴らしく、ブルターニュ音楽を鮮やかに彩っています。バグパイプとチャルメラのようなダブルリードの組み合わせというのは、他にもどこかにありました。東欧かインド西部ラジャスタン辺りだったでしょうか。しかし、このケルトの旋律は他では替え難い独特な美しさがあります。ボンバルドの方が音が高いのかと思ったら、バグパイプ系のビニューの方が高いのが不思議な気もします。2本目の黒人二人の演奏は、ブルターニュの人の演奏より見事かも。

Bombarde biniou suite en-dro

Josset & Martin - Couple biniou bombarde

|

« Arany Zoltanによるガリシア・トラッド | トップページ | Bagad KEMPER »

ケルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビニューとボンバルド:

« Arany Zoltanによるガリシア・トラッド | トップページ | Bagad KEMPER »