« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

ハシケンツアー2016

明日はライブを聴きに行くことにしているので、ブログはお休みしますが、今日はそのアーティストのyoutubeを上げておきます。
ハシケンさんの歌は知らなかったのですが、ヴァイオリンのベチコさんが5弦ヴァイオリンを弾かれるそうなので、行ってみようかと思いました。歌のカウンターパート奏法をガン見して来ます(笑) 2002年(元ちとせの「ワダツミの木」が流行っている頃)に行って本場の島唄を聞いて来たので、「ワイド節」など奄美民謡も楽しみです。
5弦ヴァイオリンとは、ヴィオラの音域をカバーしたヴァイオリン。楽器職人さんのところでいじったこともありますが、移弦角度が緩やかで、これは容易ではないなと思いました。ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(5弦の小型肩掛けチェロ)にもご関心ありとか。

ハシケンツアー2016 『WELCOME TO MY HOME』

ハシケン - ワイド節 : 1998 (wav)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

Chant des Marais = Die Moorsoldaten

今日のChant des Marais(泥濘の歌)と言う曲を初めてCDで聞いたのは、90年前後にAuvidisから出ていた「フランスのボーイスカウトの歌集」でしたが、この旋律は80年代中頃の日本のインディーズの歌手Phewが、当時Die Moorsoldaten(ディー・ムアゾルダーテン)という曲名でよくライブで歌っていました。ヨーロッパの代表的なプロテスト・ソングの一つなのですが、Phewのファンであったのと同時に、こういう深い悲しみを含んだ曲調が昔も今も個人的に好きなもので、フランスに回ってきた機会にChant des Maraisで検索したら、夥しい数のyoutubeがありました。ドイツのニーダーザクセン州の泥炭地にあったナチスの強制収容所で囚人によって作曲されたそうです。原題がDie Moorsoldatenで、フランスに伝わってChant des Maraisとなったようです。英語ではPeat Bog Soldiersと言うそうです。

Devoir de mémoire: Chant des Marais( hymne européen de la déportation)

Hannes Wader - Die Moorsoldaten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

オーヴェルニュとパリのブーレ

ブーレと聞くと、J.S.バッハのようなバロック時代のイメージが非常に強いのですが、現代も生きている民族舞踊のようです。最近見ていたオーヴェルニュだけでなく、パリのブーレの映像もありました。面白いのは、J.S.バッハの無伴奏チェロでは一般的な偶数拍子ですが、民族舞踊の方は8分の6拍子が多く見受けられます。拍子は特に決まっていないのでしょうか。どうやら、ブーレの本家本元はオーヴェルニュのようです。

Traditional french folk dance Gannat Auvergne France

Bourrée Gannatoise Auvergne Gannat Suite Bourbonnaise

LA BOURREE DE PARIS à "FARANDOLE" de P.SEBASTIEN sur la 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

カントルーブの「オーヴェルニュの歌」

こちらが例のカントルーブの「オーヴェルニュの歌」で、最も有名なバイレロの部分です。彼の故郷であるオーヴェルニュ地方の民謡を管弦楽伴奏で編曲した歌曲集で、作曲年は意外に新しく1923年から1930年にかけて。歌詞はオック語のままとのこと。フランス語は多少分かりますが、道理でよく耳を澄まして聞いても意味が分りませんでした(笑)。イスラエルの名歌手ネタニア・ダヴラツによる1962年頃のこの曲初の全曲録音からの歌唱です。カントルーブはフランス近代の作曲家ヴァンサン・ダンディに師事し、デオダ・ド・セヴラックなどとも親交があったそうで、長閑な曲を色彩感溢れるオーケストレーションで美しく彩っています。私はダブラツとアンナ・モッフォ&ストコフスキーで聞きましたが、いずれも甲乙付けがたい名唱だと思います。

Canteloube - "Bailero" - Sung by Netania Davrath

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

オーヴェルニュ地方のブーレとバラード

フランス中部高地オーヴェルニュ地方の音楽と言えば、まずカントルーブの「オーヴェルニュの歌」が有名だと思いますが、「家なき子」にも出てきたようなアコーディオン音楽がありましたので、そちらから上げておきます。一本目の舞曲はブーレ。J.S.バッハの無伴奏チェロ曲にもよく出てくる楽しくはねるようなダンス音楽です。二本目はバラードとありますが、やはり結構賑やかで快活な曲調です。山岳地帯と言うことで、どこかスイスの音楽などに似て聞こえるような気がします。パリのような都市部の洗練された音楽とは大違いの、素朴で暖かみのある音楽が聞こえてきます。

Bourrée : La saint Geneys du Groupe Folklorique Le Velay (43)

Ballade folklorique en Auvergne_0001.wmv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

家なき子

中部高地のオーヴェルニュや南部のラングドックもオクシタンに入りますが、この辺りを舞台にしたアニメや映画に、「家なき子」(仏題:Sans famille)がありました。旅芸人のお爺さんに引き取られた孤児レミの物語で、辻楽士シーンもあったように思います。1本目の映画の中ではヴァイオリンを練習するシーンがありますが、弾いているのはエチュードのカイザーでした。2本目では竪琴(ライアー?)弾き語りシーンがあります。原作はフランスの作家エクトール・アンリ・マロが1878年に発表した児童文学作品。マロは北フランスの人だからでしょうか、映画で見る限り音楽的には北フランスの範囲内かも知れません。

Sans Famille (Partie 2 Sur 2)

VÔ GIA ĐÌNH - Sans famille ( FILM PHÁP) 1981 - P1

家なき子レミ 第1話「悲しい誕生日」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

アルルの女

南仏プロヴァンスの音楽について触れていると、やはり何度となくビゼーの「アルルの女」の名が出てきますので、今日はオーケストラ演奏とローラン・プティのバレエの舞台映像を上げておきます。バレエについては、80年代にモーリス・ベジャールやピナ・バウシュの来日公演を見に行った位で、よくは知りませんが、このローラン・プティの振り付けは、クラシック・バレエとベジャールやバウシュのようなモダン・バレエの中間のような感じに見えます。振り付けは1974年、舞台は2005年のパリ国立歌劇場のようです。

Bizet-Petit: L'Arlésienne

Georges Bizet: L'Arlésienne-Suite - Farandole

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

プロヴァンスの古楽

今日は、もっと古楽的な演奏をするプロヴァンス地方のグループの1時間近い映像で、テレビ・アルマンドと書いてあります。このテレビ局がフランス東部アルザスなどの実質ドイツ語圏なのか、ドイツ自体かは不明です。笛と太鼓が中心で、この編成と音楽からは「アルルの女」を思い出して仕方ないです。曲名を見ると、ブランルやアルマンドなど、ギター曲でも知られるフランスの舞曲が多く見えますが、サルタレッロのようにイタリアの舞曲も入っています。ツィター系の楽器の清澄な響きも大変印象的です。

1980 (circa) Les Musiciens de Provence sur TV allemande


1980 (circa) Les Musiciens de Provence sur TV allemande

4' 52 à 7'22 : Branle de Bourges (Renaissance, XVIème siècle)
8'18 à 9'51 : Volez vous que je vous chant (Moyen Age, chanson de trouvère, XIIIème siècle)
9'51 à 11'23 : Quant li rossignols (Moyen Age,chanson de trouvère, XIIIème siècle)
11'24 à 12'35 : Ce fut en mai, (Moyen Age,chanson de mai, XIIIème siècle)
13'13 à 15'39 : Branle en faux bourdon
16'03 à 17'54 : Ce fut le jour (Renaissance, Jehan Chardavoine, XVIème siècle)
18'38 à 20'53 : Quinte estampie réale (Moyen Age, XIVème siècle, Anonyme français)
21'20 à 24'16 : Madre Deus, (Cantigas de Santa Maria n°422 (XIIIème siècle)
24'59 à 27'21 : Saltarello (Moyen Age, Anonyme italien XVème siècle)
28'00 à 30'53 : Lou rei e soun pagi (Moyen Age, chanson provençale)
32'00 à 33'59 : Les Gaudets (XIXème, Provence)
35'07 à 38'11 : Dieu adjudo li paure gent
38'47 à 40'18 : Branle du Poitou de Claude Gervaise (Renaissance, XVIème siècle)
44'56 à 46'48 : Triori (danse bretonne )
47'20 à 50'09 : Allemande (Renaissance, XVIème siècle Claude Gervaise)
50'38 à 56'30 : Branle (XVIIème siècle de Mersenne )
53'35 à 56'30 : Danse de Praetoruis
57'17 à la fin : Quem omagen da virgen (Cantigas de Santa Maria, XIIIème siècle)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

プロヴァンスの伝統音楽

プロヴァンスは、オクシタンのイタリア寄りにあります。クラシック作品をかなり思い出す地方で、ヴェルディの歌劇「椿姫」の中のアリア「プロヴァンスの海と陸」とか、ビゼーの「アルルの女」のファランドールなどの浮き立つリズム、ミヨーの地中海的叙情溢れる作品などでしょうか。今日の映像にも、「アルルの女」の原型に近いものが感じられます。料理では、ラタトゥイユに使われるエルブ・ド・プロヴァンス(プロヴァンスのハーブの意味)の調合もそれなりに有名だと思います。プロヴァンスでは、オック語の方言でカタルーニャ語に近いプロヴァンス語が話されてきたという点などは、余り知られてないことかも知れません。

Escapado: Musiques Traditionnelles Provence, Occitanie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

トゥールーズの音楽

南仏と聞いてまず個人的に思い出す町に、トゥールーズがあります。何故かと言いますと、大学時代に入っていたオーケストラの弦楽器(特にヴァイオリン)のトレーナーの久保田先生が、トゥールーズの音楽学校を出られていたということがあります。ヴァイオリニストらしい?パガニーニに似た風貌の先生からは色々と影響を受けました。その街がオクシタンの中心都市の一つであることは、後で知りましたが、クラシック以外でも独特な音楽状況を見せている街のようです。今日の映像は、トゥールーズで開かれているオクシタン&カタロニア音楽のフェスティヴァルの映像。

Chant occitan fête de la musique à Toulouse 2012

Festival de musique Occitane et Catalane (Toulouse)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

モンセギュールのオクシタン音楽

今日は「モンセギュールのオクシタン音楽」という10本シリーズの5,6本目ですが、単なるオクシタン音楽ではなく、カトリック勢力に最後まで抵抗し続け、200名以上のカタリ派信徒が火刑に処された「最後の砦」モンセギュールでの、カタリ派関連の催しの映像のようです。ダブルリード管とバグパイプの音は孤高の響きを持っているし、歌は更に熱い思いが伝わってきます。モンセギュールなどのオクシタン最南部に行くほど、カタリ派関連の映像が増えるように思います。

16 mars 2012 Montségur musique occitane 5/10

16 mars 2012 Montségur Chant occitan 6/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

クレマンシック・コンソートのトゥルバドゥール

フランスのハルモニア・ムンディ(「世界の調和」の意味で取れるでしょうか)などからの諸作を通じて古楽コンソートとして名高いルネ・クレマンシックも、トゥルバドゥールの音楽を録音していました。アルバムは廃盤になったどうか不明ですが、丸々youtubeに上がっているようです。やはり、トゥルバドゥール音楽の演奏の生々しさという点では、昨日のl'ensemble Celadonより上手だなと思います。長らくルネ・クレマンシックと読んでいましたが、オーストリア出身なのでレネー・クレメンチッチという発音が正しいそうです。今日初めて知りました。

TROUBADOURS - trovadores occitanos - Clemencic Consort.avi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

オクシタンの夜

南仏に戻ります。オクシタンのトゥルバドゥール(吟遊詩人)の古楽的演奏は色々ありそうですが、こちらは典型的なタイプと言えるでしょうか。ここで見える楽器の内、リュート、レバーブ、レクのような枠太鼓は、隣のスペインが後ウマイヤ朝~グラナダ王国までのイスラーム諸王朝だった頃にスペインから入ったものでしょうか。アラブ・アンダルース音楽で使われる楽器に、とてもよく似ています。南仏でカタリ派が広まり、トゥルバドゥールが活躍した中世の同時代には、すぐ隣のスペインではアラブ音楽が演奏されていました。カウンターテナーはイスラーム時代のスペインにはないと思いますが、これはイタリアから入ったのでしょうか。

Nuits Occitanes: Songs of the Troubadours by l'ensemble Céladon - Album trailer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

レオニード・ガイダイの「コーカサスの虜」

レオニード・ガイダイ監督の67年のコメディー映画「コーカサスの虜」 (Кавказская пленница)ですが、タイトル曲「熊の歌」(Песня про медведей)のyoutubeがありました。この映画そのものからの抜粋のようです。出演している女優の名前はナタリヤ(ナターシャ)・ヴァルレイ(Наталья Варлей)で、歌っているのはアイダ・ヴェディシチェヴァという別な歌手のようですが、声がそっくりに聞こえます。もしかしたら、昨日のМалоизвестный концертに出ていた人がアイダ・ヴェディシチェヴァかなと思いました。5,6年前にラジオのロシア語講座で偶然聞いて以来、忘れられない曲です。

Наталья Варлей - Песня про медведей (Кавказская пленница)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

ГАЙДАЙ. Малоизвестный концерт

エレナ・カンブローヴァの歌唱を聞く内に、懐かしい感じの60年代ソ連フィルム・ミュージックについて思い出しまして、目当てはレオニード・ガイダイ監督の1967年のコメディー映画「コーカサスの虜」でしたが、アイダ・ヴェディシェヴァ歌唱のタイトル曲「熊の歌」のyoutubeがすぐ出てこないので、「余り知られてないコンサート(Малоизвестный концерт)」と題された長編ライヴを上げておきます。冒頭から笑ってしまいます(笑) 「コーカサスの虜」のテーマ曲は4分半くらいから出てきます。
少しロシア文学に明るい方は分かるかと思いますが、このタイトルはプーシキンの叙事詩「コーカサスの虜」のパロディーですが、こちらが男性形(カフカスキー・プレンニク)なのに対し、ガイダイの映画は女性形(カフカースカヤ・プレンニツァ)になっていて、ここからしてパロディーになっています。(この曲、数年前にも当ブログで取り上げたような気もします)

ГАЙДАЙ. Малоизвестный концерт.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

Елена Камбурова Маленький принц

昨日の放送ではロシアのバルド(吟遊詩人)として、ウラディーミル・ヴィソーツキーとブラート・オクジャワを数曲ずつかけましたが、その後に歌手兼女優のエレナ・カンブローヴァ(July 11, 1940 ノヴォクズネツク生まれ)のアルバムКапли Датского короля (The Mixture of Danish King, 1999)から、冒頭の3曲をかけました。一部でとても好評だったようです。その3曲を和訳すると、辺境、いるかの国、手品になると思いますが、その後の4曲目の「星の王子さま」のyoutubeがありましたので、今日はそれを上げておきます。CDリリースは99年ですが、おそらく70年前後の初出ではないかと思われます。99年に初めて聞いて以来、60年代シャンソンと共通するような繊細なリリカルさに強く魅了されていました。彼女は1960年代からコンサートやラジオに出演、ブラート・オクジャワの歌も歌っていたようです。1992年にカンブローヴァはMoscow Theater of Music and Poetryを立ち上げ、そこでディレクター、歌手、女優として活動しているそうです。

Елена Камбурова Маленький принц

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

アリエージュのトゥルバドゥール

中世以来の原初的なスタイルでしょうか、トゥルバドゥール(吟遊詩人)らしき演奏の映像がありました。場所はフランス最南部ピレネー山脈北麓(山中?)のアリエージュ地方。古楽的に考証復原した演奏は色々あると思いますが、こういう昔ながらのスタイルを伝えている(と思われる)演奏を探していました。バグパイプよりも、とてもシンプルな弦楽器を叩き鳴らしながら歌う姿に驚きました。
明日夜8時からは、ラヂオバリバリの番組の5回目出演になっておりますので、多分ブログはアップ出来ないと思います。宜しければぜひお聴き下さい。ヴィソーツキーやオクジャワ、エレナ・カンブローヴァなど、ロシアのバルド(吟遊詩人)関係をかける予定です。

Rando Troubadour Musique Occitane, Pierrade - Ariège

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

オクシタンのレジスタンス・ソング

フランスの地方の伝統音楽には、魅力的な合唱や重唱が色々ありますが、今日の一本も素晴らしいです。タイトルと曲調から推測するに、おそらくレジスタンス・ソングの一種と思われます。対独なのかフランス中枢部に対するものかは不明ですが。画面にオック語が出てきているようですが、その不思議な綴りにも惹かれます。

Libertat (Cançon de nèrvi)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

ガスコーニュとラングドック周辺の音楽

オクシタン西部のビスケー湾に面した辺りはガスコーニュ地方と呼ばれますが、こちらの女性コーラスLa Novemでまず調べてみましたが、youtubeはいずれも削除されているようです。Budaからの3枚ほどで、アカペラの見事な歌を聞かせてくれました。コーラス以外では、小ぶりなバグパイプとアコーディオン(コンセルティーナ?)のデュオなどで、この地方独特の音色を聞かせています。ガスコーニュは、ブランデーのアルマニャックでも有名な地方です。
2本目はミネラルウォーターで有名な山岳地オーヴェルニュの西に位置する内陸のリムーザンから、ラングドック南西部を通過してプロヴァンスにかけてのオック音楽を演奏するグループのようですが、この曲はどこになるでしょうか? 大西洋に面したガスコーニュと内陸や地中海側の音楽は、この2本で聞く限りはメロディ・ラインや音階的にはそっくりです。

Musique occitane Landes de Gascogne

Carivari'Oc - Musique traditionnelle festive

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »