« レオニード・ガイダイの「コーカサスの虜」 | トップページ | クレマンシック・コンソートのトゥルバドゥール »

2016年2月10日 (水)

オクシタンの夜

南仏に戻ります。オクシタンのトゥルバドゥール(吟遊詩人)の古楽的演奏は色々ありそうですが、こちらは典型的なタイプと言えるでしょうか。ここで見える楽器の内、リュート、レバーブ、レクのような枠太鼓は、隣のスペインが後ウマイヤ朝~グラナダ王国までのイスラーム諸王朝だった頃にスペインから入ったものでしょうか。アラブ・アンダルース音楽で使われる楽器に、とてもよく似ています。南仏でカタリ派が広まり、トゥルバドゥールが活躍した中世の同時代には、すぐ隣のスペインではアラブ音楽が演奏されていました。カウンターテナーはイスラーム時代のスペインにはないと思いますが、これはイタリアから入ったのでしょうか。

Nuits Occitanes: Songs of the Troubadours by l'ensemble Céladon - Album trailer

|

« レオニード・ガイダイの「コーカサスの虜」 | トップページ | クレマンシック・コンソートのトゥルバドゥール »

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オクシタンの夜:

« レオニード・ガイダイの「コーカサスの虜」 | トップページ | クレマンシック・コンソートのトゥルバドゥール »