« Mystics of Southern France: Music of the Cathars | トップページ | オクシタンのレジスタンス・ソング »

2016年2月 1日 (月)

ガスコーニュとラングドック周辺の音楽

オクシタン西部のビスケー湾に面した辺りはガスコーニュ地方と呼ばれますが、こちらの女性コーラスLa Novemでまず調べてみましたが、youtubeはいずれも削除されているようです。Budaからの3枚ほどで、アカペラの見事な歌を聞かせてくれました。コーラス以外では、小ぶりなバグパイプとアコーディオン(コンセルティーナ?)のデュオなどで、この地方独特の音色を聞かせています。ガスコーニュは、ブランデーのアルマニャックでも有名な地方です。
2本目はミネラルウォーターで有名な山岳地オーヴェルニュの西に位置する内陸のリムーザンから、ラングドック南西部を通過してプロヴァンスにかけてのオック音楽を演奏するグループのようですが、この曲はどこになるでしょうか? 大西洋に面したガスコーニュと内陸や地中海側の音楽は、この2本で聞く限りはメロディ・ラインや音階的にはそっくりです。

Musique occitane Landes de Gascogne

Carivari'Oc - Musique traditionnelle festive

|

« Mystics of Southern France: Music of the Cathars | トップページ | オクシタンのレジスタンス・ソング »

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガスコーニュとラングドック周辺の音楽:

« Mystics of Southern France: Music of the Cathars | トップページ | オクシタンのレジスタンス・ソング »