« モンセギュールのオクシタン音楽 | トップページ | プロヴァンスの伝統音楽 »

2016年2月16日 (火)

トゥールーズの音楽

南仏と聞いてまず個人的に思い出す町に、トゥールーズがあります。何故かと言いますと、大学時代に入っていたオーケストラの弦楽器(特にヴァイオリン)のトレーナーの久保田先生が、トゥールーズの音楽学校を出られていたということがあります。ヴァイオリニストらしい?パガニーニに似た風貌の先生からは色々と影響を受けました。その街がオクシタンの中心都市の一つであることは、後で知りましたが、クラシック以外でも独特な音楽状況を見せている街のようです。今日の映像は、トゥールーズで開かれているオクシタン&カタロニア音楽のフェスティヴァルの映像。

Chant occitan fête de la musique à Toulouse 2012

Festival de musique Occitane et Catalane (Toulouse)

|

« モンセギュールのオクシタン音楽 | トップページ | プロヴァンスの伝統音楽 »

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥールーズの音楽:

« モンセギュールのオクシタン音楽 | トップページ | プロヴァンスの伝統音楽 »