« アルルの女 | トップページ | オーヴェルニュ地方のブーレとバラード »

2016年2月22日 (月)

家なき子

中部高地のオーヴェルニュや南部のラングドックもオクシタンに入りますが、この辺りを舞台にしたアニメや映画に、「家なき子」(仏題:Sans famille)がありました。旅芸人のお爺さんに引き取られた孤児レミの物語で、辻楽士シーンもあったように思います。1本目の映画の中ではヴァイオリンを練習するシーンがありますが、弾いているのはエチュードのカイザーでした。2本目では竪琴(ライアー?)弾き語りシーンがあります。原作はフランスの作家エクトール・アンリ・マロが1878年に発表した児童文学作品。マロは北フランスの人だからでしょうか、映画で見る限り音楽的には北フランスの範囲内かも知れません。

Sans Famille (Partie 2 Sur 2)

VÔ GIA ĐÌNH - Sans famille ( FILM PHÁP) 1981 - P1

家なき子レミ 第1話「悲しい誕生日」

|

« アルルの女 | トップページ | オーヴェルニュ地方のブーレとバラード »

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家なき子:

« アルルの女 | トップページ | オーヴェルニュ地方のブーレとバラード »