« ロレーヌのトゥルバドゥール | トップページ | レシフェのフレーヴォ 「サウダーヂ」 »

2016年3月18日 (金)

Starymonettiのブーレとブルターニュ

リムーザンを少し離れて、舞曲のブーレで検索していたら、ベルギー人アコーディオン奏者Marinette Bonnertとオーストリアのフィドル奏者Stephan "Stoney" Steinerのデュエット、Starymonettiが出てきまして、なかなか良かったので今日は彼らの演奏を2本。ブーレはフランス起源の舞曲と言われますが、このブーレを作曲したのはBlowzabellaのメンバーの一人でイギリス人のJo Freya。とてもモダンで洒落たブーレです。2本目のSuite An Droは、フランス北西部のケルトの地、ブルターニュの舞曲とのこと。こういう欧州内の国や地方を越えた楽士による色々な舞曲の交流は、昔から行われてきたことなのでしょう。

Starymonetti: Bourrée "De Montford" (Jo Freya)

Starymonetti: Suite An Dro

|

« ロレーヌのトゥルバドゥール | トップページ | レシフェのフレーヴォ 「サウダーヂ」 »

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Starymonettiのブーレとブルターニュ:

« ロレーヌのトゥルバドゥール | トップページ | レシフェのフレーヴォ 「サウダーヂ」 »