« ダリウス・ミヨーのアニ・マアミン | トップページ | フォーレのピアノ四重奏曲第2番 »

2016年4月 8日 (金)

東欧系のアニ・マアミン

東欧系ユダヤ(アシュケナジーム)のアニ・マアミンは、いくつか旋律を聞いたことがあります。ハンガリー・トラッド(とりわけエルデーイ)の大御所、ムジカーシュの名盤「トランシルヴァニアの失われたユダヤ音楽」(Hannibal)にも入っていた旋律は、今日の2本目の正統派ユダヤ教徒の歌手の歌と同じでした。
一方、「歌うラビ」として大変有名なラビ・シュロモ・カルリバッハのメロディは、彼以外では聞いたことがないように思いますが、さすがカルリバッハ、実にソウウルフルな歌になっています。90年代前半に銀座・教文館のウルパン(ヘブライ語教室)で、随分カルリバッハのハシディック・ソングを歌いました。懐かしいのと共に、感動を新たにしました。

Ani Ma'amin - Rabbi Shlomo Carlebach

Shloime Daskal Singing 'Ani Maamin' At the Twelfth Siyum Hashas

|

« ダリウス・ミヨーのアニ・マアミン | トップページ | フォーレのピアノ四重奏曲第2番 »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

ハシディック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東欧系のアニ・マアミン:

« ダリウス・ミヨーのアニ・マアミン | トップページ | フォーレのピアノ四重奏曲第2番 »