« シャヒーディー Shiraz Arts Festisval 続編 | トップページ | Sahba Motallebiのセタール »

2016年4月25日 (月)

Sahba Motallebiのタール

今週のゼアミdeワールドでは、イランの楽器別にみていこうと思いますが、次回かその次にはタールまで何とか辿り着けると思います。そこで久々に華麗なタール独奏を聞かせるサフバ・モタッレビさんの映像です。2本目のマーフール旋法の感動的なタスニーフ「morge sahar」をタール独奏で聞かせる演奏は、08年頃にも取り上げたと思いますが、ダシュティの方は初めて見ます。師匠のアリザーデ氏を髣髴とさせる、ちょっとダシュティ離れした激しくイマジネイティヴな演奏。イランの代表的な弦楽器Tar(ペルシア語で「弦」の意味)の名は、北インドのシタール(Sitar)とかだけでなく、アラブを介してスペインに生まれたギター(Guitar)の名にも入り込んでいますが、これは一般に余り知られていないかも。3本目のチャハールメズラブも目の覚めるような演奏で、トンバク伴奏は不要なように聞こえます。

Sahba Motallebi Improvisation in AVAZ DASHTI

morge sahar tar sahba motalebi

Sahba Motallebi - Chahar Mezrab

|

« シャヒーディー Shiraz Arts Festisval 続編 | トップページ | Sahba Motallebiのセタール »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sahba Motallebiのタール:

« シャヒーディー Shiraz Arts Festisval 続編 | トップページ | Sahba Motallebiのセタール »